TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】拳四朗が3年ぶりの凱旋試合に意気込み「強い王者との統一戦も視野に」

2019/07/10(水)UP

記者会見に臨んだ拳四朗(左)とタコニン

 7月12日(金)、エディオンアリーナ大阪で開催される『WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ』に臨む王者の拳四朗(27=BMB)と挑戦者で同級1位のジョナサン・タコニン(32=比)が10日、大阪市内のホテルで記者会見に臨んだ。

 3年ぶりの関西凱旋試合となる拳四朗は「久しぶりの関西の試合ですからモチベーションは高いです。タコニン選手もコンディションは良さそうなので、良い試合になると思います」と自信を見せる。
 一方、2度目の世界挑戦を迎えたタコニンは「コンディションはとても良いです。日本とは時差もほぼないので調整もうまくいっています。拳四朗選手は強い王者だが、私も勝ちに来ています」と決意を語ると「ベルトを巻いて、フィリピンに良いニュースを届けたい」と意気込みを語った。

パンチを連打、“リアル北斗百裂拳”でTKOしV2達成した拳四朗(2017年12月)

 今回は6度目の防衛戦となる拳四朗。「防衛記録もそうですが、強い王者との統一戦も視野に入れているので、しっかり勝っていって知名度を上げていきたいです」と気合を入れた。

 拳四朗が発言した「強い王者」の一人に、WBA同級スーパー王者の京口紘人(25=ワタナベ)が挙げられる。6月19日(水)の初防衛戦でムエタイ王者と接戦を演じた京口に対し、リングサイドで観戦していた拳四朗が「全然勝てる」と発言し話題になった。

 それに対し、京口は「実際にやったら今回みたいにはならない」と強気に答え、拳四朗の今回の防衛戦も都合がつけば現地で見たいと語っていた。
 果たして12日、リングサイドに京口の姿はあるのか? そして試合を見た後は、どんなコメントを残すのか。こちらも注目だ。

取材:写真=植田洋介

●編集部オススメ

・出た、拳四朗が必殺の”北斗百裂拳”でKO勝利

・京口紘人が拳四朗の“全然勝てる”発言に言及

・村田諒太「アウトボクサー・ブラントに強打を何発当てられるか」練習にも自信、前回のヒット数は?

・怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

・井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、ミスマガジンの岡田佑里乃

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧