TOP > ニュース

【ボクシング】京口紘人が拳四朗の“全然勝てる”発言に言及

2019/06/20(木)UP

傷口を隠したサングラス姿で会見に臨んだ京口紘人(中央)

 6月19日(水)千葉・幕張メッセで行われたトリプル世界戦『LIFE TIME BOXING FIGHTS.2』で、タナワット・ナコーン(26=タイ/同級10位)に判定勝ちで初防衛に成功したWBAライトフライ級スーパー王者・京口紘人(25=ワタナベ)が一夜明け、東京・五反田にある所属先のワタナベボクシングジムで会見を行った。

 昨日の試合について、試合直後から「思っていたよりやりづらかった」と反省した京口。WBC世界同級王者の拳四朗(27=BMB)がリングサイドで観戦したことは報道で知った。

拳四朗からの“おめでとう”コメントには吹き出したという京口

「あの試合内容だったので、僕に“全然勝てる”と発言したのには納得している。ただ、実際にやったら今回みたいにはならないと約束する」

 そう突っ張った京口だが、SNSで拳四朗から“おめでとう”とコメントがあったことを挙げ、「何言うとんねんと思った」と吹き出したという。拳四朗に控えている6度目の防衛戦は、都合がつけば現地で観たいとのことだ。

●編集部オススメ

・京口紘人がタフなムエタイ王者に手を焼くも判定で初防衛

・京口紘人が井岡一翔の4階級制覇に刺激「いずれはその域に」

・京口紘人を苦しめたムエタイ王者ナコーン「判定で負けたとは思ってない」採点を分析

・拳四朗が5度目の防衛に成功、大差の判定もダウン奪えず反省点

・那須川天心、KO狙う亀田に、倒される確率は「100%ない」と断言(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース