TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】前澤智、ハム・ソヒに勝利したら「浜崎選手に喧嘩売ってもいいのかな」

2019/07/18(木)UP

ミット打ちを披露する前澤

 7月28日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催の『RIZIN.17』に出場する、DEEP JEWELSアトム級王者・前澤智(31=リバーサルジム立川ALPHA)が、18日(木)都内にて公開練習を行った。

 前澤は柔道をバックボーンとし、寝技強化で始めたブラジリアン柔術がきっかけでMMAの道へ。2012年にJEWELSでプロデビューを果たした。16年にはMMA道を追求すべく青森から上京。18年12月には、これまで2戦2敗の黒部三奈から3度目の正直で判定勝利をあげ、悲願のDEEP JEWELSアトム級王座を獲得した。

素早いミドルキックも放つ

 公開練習では、所属するリバーサルジム立川ALPHA代表の金原氏を相手に2分2Rでミット打ち、スパーリングを披露。ミットでは接近戦を想定した素早いアッパー、フックなどのコンビネーションを中心に時折バランスの良いミドルキックも打ち込む。

 間もおかず2R目のスパーリングが開始され、金原氏が顔面からボディへのコンビネーションパンチを放つも、前澤はテイクダウンしマウントパンチを振るう。呼吸の荒くなってきた前澤に、金原氏の容赦ないボディへのアッパーがクリーンヒットし、ラスト近くには前澤は腹を押さえうずくまる。しかしすぐにリカバリーし、最後は果敢に向かっていった。

 上がった呼吸を抑えながら前澤は「普段から、撮影用じゃなくてマジでガチでやられてます。死ぬギリギリ一歩手前くらいで、死んでしまえば楽なんですけど、ギリギリ一歩手前なのがつらいですよね」とコメント。「上手な力加減で、愛をいただいております。金原教ですよね、ありがとうございます」と笑った。

スパーリング中にパウンドを落とす前澤

 とはいえケガをすることもあり「肋軟骨折れてたりとか。でも練習で痛い思いとか、泣く思いをしておけば試合では笑えるのかなと、代表も仲間のことも信じてやらせてもらっています」とファイトスタイルさながらのド根性ぶりだ。

 普段は代表やジムの男子選手ともスパーリングするが、出稽古も多く「軽量級の女子の選手とやるために外に行ってます。本番は女性と試合するので。男の人より女の人のほうが怖いと思うので」とマジ顔で発言。「嘘かな、本当かも。(女子と練習する時は)”このやろー”という感じ」だと言う。

「今はガチンコで殴らせてもらってます」という前澤。19年3月の浅倉カンナ戦では、1Rで右ストレートを当てた

「嘘です、(女子選手)皆さん良い方ばかり。もっとも、それなりの負けず嫌いとか持ち合わせてないと勝てない世界なので。皆さんと格闘技で繋がってるなと思います。その繋がりが普通の人たちと比べて、友達という形なのか、試合相手という形なのかという違いで。格闘技を離れた時に『ああいう時があったね』って言い合える、そういう時があったらいいなと思うので、今はガチンコで殴らせてもらってますし、殴ってもらってます」と女子選手同士の繋がりは、普通と形が違うだけと言う。

 今回の対戦相手ハム・ソヒ(32=韓国/TEAM MAD)は韓国女子格闘技のパイオニア的存在で、日本とも縁が深い。07年2月に初来日して以来、渡辺久江、藤井惠、辻結花、MIKU、浜崎朱加ら日本の女子トップファイターと次々に対戦し、13年にはDEEP JEWELSフェザー級(-48kg)王座を戴冠した。
 17年6月には初代ROAD FC女子アトム級王座を獲得し、12月の初防衛戦では、『RIZIN.16』で浜崎と一進一退の攻防を演じた現Invicta王者ジン・ユ・フレイ(米国)と対戦。強烈なパンチで1RKO勝利をあげている。

テイクダウンにも自信を持つ前澤(上)

 前澤はソヒについて「相手は綺麗なボクシング打撃が得意な選手。フレイ選手をKOする所も見ていて『怖いな』と思ったんですけど、変な話当たんなきゃいい。当たらないように動いて動いて、小刻みなスピード感は私のほうが勝ってるんじゃないか」と、打撃はかわし続けると言う。

 他に自分が勝ってる所として「テイクダウンかな。韓国人の選手に負けたことがなく、自分の柔道が通じてきたのかなと思ってます。どの選手に対しても、投げでテイクダウン出来る場面が多かったですね。今回も自分の強みを見せれたらな」と、柔道仕込みの投げ技でテイクダウンを狙う。

 さらに「(金原)代表より強い選手いないと思うんで、気持ちを強く持って、テイクダウンの取り合いでもスクランブルでも動き続けたい」とスタミナにも自信を持つ。「黒部さんとのタイトルマッチの時、あの人より体力つけるの大変だったんですけど、勝つことが出来た。耐久力の自信にも繋がったので、自分の自信を存分に発揮して臨みたい」と自信を持ってソヒに向かう。

 ソヒに勝利したら「結構前なんですけど、浜崎朱加(37=AACC)選手がRIZINにまだ出る前に『日本人で私に喧嘩売る人いないな』ってことをツイッターか何かでおっしゃっていたんで、もし今回勝てたら私が喧嘩売ってもいいのかなと思いますね。…言っちゃった!怖い!」と、スーパーアトム級女王として君臨する浜崎に挑戦したいと意気込んだ。

●編集部オススメ

・「格闘技と結ばれ彼氏と別れた」前澤智、全人生を懸けると宣言

・前澤智、日韓女王対決に貪欲に宣言「ハム・ソヒに勝って彼氏募集します」

・挑戦者・前澤智の「ガス欠にさせる」発言に、王者・黒部三奈「1Rで決める」=計量

・二人の空手全日本女王が美ボディコンテストで対決

・【マッスルゲート】筋肉とビキニが似合う夏の祭典は、ビーチから新宿高島屋へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧