TOP > ニュース

【RISE】那須川天心、決勝でのKO宣言に志朗「秘策あり」

2019/07/22(月)UP

58kg級決勝を争う志朗(左)と那須川(右)

 7月21日(日)大阪・エディオンアリーナ大阪第1競技場で開催された『RISE WORLD SERIES 2019 Semi Final Round in OSAKA』の一夜明け会見が、22日大阪市内のホテルにて行われた。

スアキムを仕留めた胴回し回転蹴りへの賛否も「精度を高める練習の成果」と必然の結果とアピール

 58kg級トーナメントの準決勝、得意の胴回し回転蹴りでスアキム・PKセンチャイムエタイジムをTKOで下した那須川天心は、試合後と同様のすっきりとした表情で登場。改めて試合を振り返ると、「胴回しで切ってKOという試合で賛否両論あると思う」とSNS等で話題になっている胴回し回転蹴りでのTKO勝利に触れ、「何回も蹴って切ったら逃げたと言われると思うけど、一撃で決められたのは精度を高める練習をしてきたのでその成果が出た」と、一撃決着は練習の賜物であったと振り返った。

 また那須川自身が成長を実感しているフィジカルを武器に戦った今回の一戦にはまだまだ反省点が多い様子で、「変に自信を持ちすぎて前に出すぎてしまった」とイメージとズレがあったことを告白。「無意識にパワーを出せるようになった時にどれだけのパワーを出せるのかを今後の試合で証明したい」と今後の進化に期待を持たせた。

フィジカル面の強化も「変に自信を持ち過ぎた」と反省

 同じく優勝候補の一角として注目されていたラジャダムナンスタジアム認定王者・ルンキット・ウォーサンプラパイ(タイ)を破りトーナメントを勝ち上がった志朗は、延長戦まで戦い抜いた試合を振り返り「実力不足だと思うし、ルンキットがうまかったっていうのもあります」と展開には決して満足していない様子。それを踏まえ「9月は自分が世界一になるにふさわしい練習します」と、すでに決勝を見据え気合いを入れて見せた。

 決勝で顔を合わせることになった両者はジュニア時代からの旧知の仲。那須川は志朗について「志朗君はジュニア時代の頃から知ってる選手。日本人の中で一番」と、高い実力があることを認めている。「その選手とこの舞台で戦うと思ってなかったですし、二人とも適正階級より上で試合ができるっていうのも奇跡だと思う」と長きにわたるライバルとの奇縁に驚きを見せた上で、「日本人最強の選手を迎え撃ってKO決着で終わらせたい」と、KO予告と共にトーナメント制覇を誓った。

ラジャ王者ルンキットを延長の末撃破した志朗は対那須川戦の「秘策あり」

 対する志朗も「(那須川は)天才と言われていますけど、努力して練習しなきゃできない。努力の天才」と、積み上げられた努力の上の実力であると分析。その上で「その代わり同じ人間なのでミスも弱点もある」と付け込む隙はすでに解明済み。「RISEに参戦した一番の理由は天心と戦うため。(対那須川の)秘策もあるので頑張りたいです」と、那須川攻略への抱負を語って見せた。

●編集部オススメ

・那須川天心が難敵スアキムにTKO勝利、志朗との日本人対決へ

・志朗がルンキットの蹴り・組み技に苦しむも勝利、決勝へ進出する

・梅野源治が左ミドルでチャンヒョン・リーを封殺、決勝は白鳥大珠との日本人対決へ

・白鳥大珠がセクサンをパンチで圧倒、二度のダウンを奪い決勝へ進出

・人気グラドル桜りんら新ラウンドガールユニット「ライズ・フォース」始動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース