TOP > ニュース

【RIZIN】矢地祐介がSNSを更新「少し休んでまた登り始めます!!」

2019/07/30(火)UP

矢地が再起を表明

 7月28日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われた『RIZIN.17』で、朝倉未来に判定負けした矢地祐介(29= KRAZY BEE)が再起を表明した。

 対戦前から火花を散らし続けた両者。矢地は対戦カード発表のリング上で「負けた奴に未来はない」と語り、背水の陣で試合に臨んでいた。

 矢地は7月30日午前、試合後初めてSNSを更新し「試合負けました。たくさんの応援ありがとうございました!そしていつもサポートしてくれている皆さん本当にありがとうございます!」と、結果報告と感謝の言葉を述べた。
 さらに「少し休んでまた登り始めます!!!!」と、再起戦に向け動き始めるようだ。

打撃が得意な朝倉に対し真っ向勝負を挑んだ矢地

 投稿には多くのコメントが付けられており「矢地選手の『登り始めます!!』の言葉で安心しました」「絶対やっち君は進化して、またいい試合魅せてくれると信じてこれからも応援します」などファンによる応援の声が並んだ。

 またバックステージでの映像では、同じ年の元同門・堀口恭司が「矢地君硬すぎ。ガチガチになっちゃってる。でも今回が一番いい顔つきになってる、前よりも。でも(スイッチ)入ってるけど、リラックスした感じが欲しい」とアドバイス。涙をこらえきれなくなった矢地に「泣くんじゃねえ、男だろ」と背中を叩いた。

17年の大晦日、矢地に怒涛のパウンド連打を繰り出す五味

 さらに総合格闘技の先輩であり、17年の大晦日に対戦した五味隆典(結果は矢地の一本勝ち)は「真夏に判定ダメだよ、KOじゃなきゃ。よく頑張ったよ。矢地、特訓してやるから来い」と声をかけている。
 
 矢地はこの敗戦を糧にし、ファンや仲間たちの支えの中、選手として再び大きな一歩を踏み出す。

●編集部オススメ

・朝倉未来が矢地を判定で下し因縁に決着、ベラトールとの対抗戦へ向けエール

・敗戦の矢地祐介、朝倉未来の試合巧者ぶりを評価も「とても悔しいです」

・五味と矢地が大激闘、最後は矢地が一本勝ち

・朝倉未来「五味選手が俺を睨んでいた」多くのファンから期待の声も

・仮面女子の川村虹花とテコンドー全日本3連覇の中野元らNHK「みんなで筋肉体操」に出演

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース