TOP > ニュース

【アクセル】長島”自演乙”の師匠が61歳で現役ヘビー級王者に挑戦

2019/08/03(土)UP

長島”自演乙”の師匠が61歳にして王者に挑む

 8月10日(土)、神戸常盤アリーナ大ホールにて『ACCEL45真夏の格闘技祭り』が開催される。
今年の夏はレジェンドマッチの色濃い選手が多く参戦するが、中でも最高齢は今年で61歳になる日本拳法の師範であり長島”自演乙”雄一郎の師匠でもあった黒田昌裕の久々の復帰戦だ。

 過去、我龍真吾やプロレスラーなど数々の選手とミャンマーラウェイルールで闘って来た神戸のレジェンド黒田。

我流戦では流血の打ち合いを展開した黒田(左)

 我龍戦では序盤から飛ばし、1Rで我龍をリングに沈めてしまうのでは?とも思えるアグレッシブファイトを展開!結果は根性で粘り抜いた我龍が流血しながらも猛攻反撃、セコンドからのタオル投入で我龍のTKO勝利だったが、お互い合わせて30針近く顔を縫った事を考えるとどれだけの激戦だったか想像出来る。

 今回は、関西RKSライトヘビー級王者のNORIを相手にキックルールで挑む黒田だが、「現役王者相手に勝算しかない!」と自信たっぷりの黒田。楽しみなカードだ。

ACCELバンタム級暫定王者の小巻海斗

 もう1つのメインは、今実力急上昇の若手同士の一戦、前王者高橋直輝を破りACCELバンタム級暫定王者に上り詰めた小巻海斗が空手道場拳聖塾の看板選手の田渕神太と対戦する。田淵は関西中心に存在感と頭角を現して来た名勝負ファイターだ。

 小巻はACCELバンタム級初代王座決定トーナメントで接戦の末涙を飲んだ王者高橋直輝に前回興行でダウンを奪ってのリベンジに成功。暫定バンタム級王者となった。今回の田渕戦で安定した強さを見せる事が小巻の課題。第2代日本バンタム級王者と名乗れる事になるのか?

『ACCEL45真夏の格闘技祭り』
日時:8月10日(土)PM4:00開始
場所:神戸常盤アリーナ大ホール
お問合せ: アクセルプロモーション  078-576-2415
チケット:LAWSONチケットにて発売中

【決定対戦カード】
NONOKA(BLACK Jr.)vsRUMINA(伊藤道場)

内藤智子(西田道場)vs田渕涼香(拳聖塾)

大前洸貴(インフィニティジム)vs勝村翔平(メイニッシュジム)

ゴールデンヤンキー(勇誠会)vs板坂康弘(黒田道場)

基山幹太(kick rab)vs西田勝行(西田道場)

エキシビションマッチ 樽谷大助vs Mr.X

石川健太郎(士道館)vs笹田勝俊(笹田ジム)

YABU(フリー)vsオーデマン(スフィーダ)

溜田蒼馬(crazy wolf)vs勝村隆介(メイニッシュジム)

石原義也(荒木道場)vsアランソワレス (ブラジリアンタイ)

宮崎聖也(宮崎道場)vs春野剛士(メイニッシュジム)

(メイン1)
田渕神太(拳聖塾)vs小巻海斗(アクセルGOD)

(メイン2)
NORI(TEAMBLOW)vs黒田昌裕(黒田道場)

●編集部オススメ

・黒田昌裕が54歳で1RでKO勝利

・【ABW】長島自演乙の師匠54歳の挑戦者、王座奪取ならず

・【アクセル】関西に天才児(原口)健飛現る。初出場の19歳が王座奪取

・「長島自演乙VS青木真也はなるべくしてなった結末」 高阪剛が「Dynamite!!」を斬る!

・「柔術が生きた」Hカップグラドル白川未奈がプロレスで自力勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > ニュース