TOP > ニュース

【RIZIN】堀口恭司、狙うは“将棋のような”理詰めのフィニッシュ

2019/08/08(木)UP

公開練習後に記者会見に応じた堀口の口からは一切の油断は感じられず

 8月18日(日)愛知・ドルフィンズアリーナで開催される『RIZIN.18』に出場するRIZIN・Bellator世界バンタム級 二冠王者の堀口恭司(28=アメリカン・トップチーム)が7日に行われた公開練習後、記者会見を行った。

 RIZINにおいて、自身初の一般公開練習イベントを行った堀口。イベントを終えた感想を「すごく力になりました」と、体感温度で40度を超えようかという炎天下の中、観覧に来た多くのファンからパワーをもらったと上機嫌で語った。

堀口は朝倉海(左)との対戦を「若い選手との試合は経験になる」と歓迎

 改めて対戦相手である朝倉海(25=トライフォース赤坂)の印象を問われると「トータル的にできる主に打撃の選手」と分析。その上で「タックルも狙えるけど、そこから先(極め)はない」という特性も看破していることを明かした。

 実績面でも実力面でも差があると言われる今回の対戦は、チャンピオンに対して新鋭が挑むドラマ性がある一戦だ。UFCではランクの近い選手同士のマッチメイクが求められるため、選手同士のスケジュール次第でなかなか試合が組まれないこともあるという。堀口はドラマを作るRIZINらしい今回のマッチメイクを歓迎。「若い選手と試合が組めると自分の経験にもなるし、試合もコンスタントに組めてうれしい」と喜びの表情を見せた。

「将棋のようにしっかり詰める」と、堀口は試合を理詰めで展開すると宣言

 その上で堀口は、実績に差がある相手でも「格闘技はやってみないとわからない」と決して油断は見せない。「一発当たって効いてしまえばそれで終わり」と格闘技の恐ろしさを知り尽くしている堀口は、若く勢いのある朝倉から「ラッキーパンチはもらわないように」と警戒を強める。フィニッシュの形にこだわりはないというが、「打撃でも寝技でも、将棋のようにしっかり詰めて最後に決める形にしたい」と、勝つべくして勝つ理詰めの展開をイメージしていることを明かした。

 心身ともに盤石の状態で試合に臨むことを感じさせる堀口。この絶対的王者に、新進気鋭の朝倉がどんな爪痕を残すのか期待したい。

☆8.18 RIZIN 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・炎天下の公開練習に臨んだ堀口恭司「力の差を見せたい」と完全勝利宣言=8月7日

・堀口vs朝倉海、更に外国勢投入によりバンタム級戦線を拡大=榊原代表

・あいが山本美憂と公開スパー、ベラトール出場選手に「フィニッシュして勝ちたい」

・那須川天心が明かす、堀口恭司戦の3Rで使った“天心マジック”=2018年9月ベストファイターインタビュー

・山本美憂がヒョウ柄ビキニで計量クリア、浅倉カンナも自信のマッスルポーズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース