TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上尚弥vsドネアのWBSS決勝が、11.7さいたまSAに正式決定「歴史的瞬間を見届けてくれ」(井上)

2019/08/08(木)UP

井上尚弥VSドネアの開催が正式決定。写真はWBSS1回戦でKO勝利直後の井上尚弥

 WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)決勝が11月7日、さいたまスーパーアリーナにて開催するとWBSSが8日(日本時間)に発表した。

 バンタム級決勝でWBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)が5階級制覇王者であり、WBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦。ようやく団体を超えたバンタム級王者が誕生する。

 ドネア陣営は準決勝から3カ月近く経過しても主催者から決勝についての報告がなかったため、不信感から出場自体の可能性があったが、この正式発表で、その心配も払拭された。

井上尚弥の右がクリーンヒット!この1撃でたった70秒でKO勝利したWBSS1回戦

 5月18日のイギリスで開催された準決勝から約3ヶ月ようやく決定した形だ。関係者筋の話によるとWBSSの高額な開催費や演出指示など細かくパッケージ化されており、その関係から各国が難色を示していたという。
 なかなか開催国が決まらない中で、井上の人気も鑑み、開催実績のある日本での開催に落ち着いたようだ。

 会場となるさいたまスーパーアリーナの収容人数は37000人。昨年10月のWBSS1回戦は横浜アリーナで開催されたが収容人数は17000人とさいたまスーパーアリーナの収容人数は倍以上。しかし現実的にはその他演出スペースを考えると3万人ほどと考えた方が妥当のようだ。

WBSSが8日(日本時間)正式に井上vsドネアを発表した。

 ちなみに那須川、メイウェザー戦の集客は29,105人。注目度により、集客数は前後するが、バンタム級世界最強ボクサーが誕生する瞬間は是非生で見たいところ。日本での開催ということで、日本でも人気のボクサーなどアンダーカードにも注目が集まる。

 井上尚弥は8日朝にSNSを更新「井上尚弥vsノニトドネア 11月7日(木)さいたまスーパーアリーナ決定‼︎
歴史的瞬間を見届けてくれ‼︎」と意気込みを綴っている。

●編集部オススメ

・まさに一撃、井上尚弥が右ストレートで秒殺KO勝利「手応えが拳に伝わってきた」

・井上尚弥が2Rに一転KO勝利、決勝で対戦のドネア「これが運命」

・井上尚弥が衝撃KOシーンを解説、70秒のドラマ

・怪物・井上尚弥が天才・ロマチェンコを語る「条件が合えば戦いたい」

・井上尚弥と那須川天心の初対面の裏には永末ニック氏

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧