TOP > ニュース

【RIZIN】浅倉カンナ ”殺気立たず、格闘家は不向き?” 冷静さ慎重さをプラスに

2019/08/10(土)UP

スピードのあるパンチをミットに叩き込む浅倉

 8月18日(日)愛知・ドルフィンズアリーナにて開催される『RIZIN.18』に出場し、アリーシャ・ザペテラ(24=米国・SCORPION FIGHTING SYSTEM)と対戦する、浅倉カンナ(21=パラエストラ松戸)が9日(金)所属ジムにて公開練習を行った。

 公開練習でスピードのあるパンチをミットに叩き込み、囲み取材に応じた浅倉。
 昨年大みそかに浜崎朱加に敗れて王座獲得に失敗し、今年3月DEEP JEWELSで勝利し再起を飾ったものの、6月の『RIZIN.16』ではアマレスの大先輩・山本美憂に判定負けを喫して、満足のいく結果に結びついていない。それもあってか「8月は試合をやりたくなくて、(課題を)改善して試してから試合がいいと思っていました」と慎重な発言。しかし、それでも出場した理由については「今は経験が必要だと思って出ることを決めました。短期間で悪かったところを変えられるかということを意識してきて良い練習ができました」と語り、試合を経験しながら練習し、進化して行くとの考えに切り替えた。

山本美憂と浅倉がクロスカウンター。浅倉はパンチをもらってもしっかり目を開ける

 メンタル面に関しては常に試合を冷静に進め、試合中に殺気立って戦うところが見られない。そのことについては「自分は格闘技に向いてない性格だと思っていて、そんな気持ちになったことがないけど冷静に戦えている気がします。(殺気が)出せるのは才能だと思っていて自分にはその才能がないけど別の部分で冷静に戦えていると思います」と戦っている最中は熱くならず常に冷静でいられる。それが彼女の瞬時の正しい判断力に繋がり、強さでもあるのだろう。

 年末のBellatorとの対抗戦も発表されたが「前回の(RENAが出場した)Bellatorの試合も観に行かせてもらって、モチベーションが上がりました。やはり海外には強い選手が沢山いるなと思って、自分がちっぽけに見えました。それに挑戦していきたいなという気持ちがありますね」とさらなる強豪との対戦も見据える。

RIZINでは負けが続いている浅倉だが、練習の成果を発揮して勝利なるか

 技術的な面に関しても、山本戦で感じた課題である“フィジカルと打撃と下からの極め”の練習に力を入れ、敗戦をプラスに変えている。
 17年の大みそかでRIZINスーパーアトム級トーナメントで優勝を飾り、世間の脚光を浴びた浅倉。現在は中々思うような結果が出せず悩むこともあると告白したが、まだ伸び盛りの21歳でこれから更に成長した姿を見せてくれるはずだ。最後に「勝っていい夏を過ごしたいです」と笑顔でコメントした。

☆8.18 RIZIN 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・浅倉カンナ、進化した打撃で完全決着宣言「自分の魅力を知って欲しい」

・山本美憂がヒョウ柄ビキニで計量クリア、浅倉カンナも自信のマッスルポーズ

・山本美憂が勝因語る、浅倉カンナ「やり直したい」

・浜崎朱加、山本美憂や世界の強豪と対戦し「ベルトの価値を世界一にしたい」

・山本美憂・42歳の最強ヌードを披露

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース