TOP > ニュース 一覧

【パンクラス】王者ISAOが山本美憂のコーチ・アグオンと防衛戦

2019/09/04(水)UP

ISAO(左)とアグオン(右)の2年ぶりの再戦はタイトルマッチに決定

 10月20日(日)東京・新木場スタジオコーストで開催される『PANCRASE 309』の対戦カードが発表された。

 フェザー級キング・オブ・パンクラシストタイトルマッチが決定。王者ISAO(30=NEVER QUIT)に同級1位のカイル・アグオン(30=アメリカ/SPIKE22)が挑戦する。

 ISAOは近年のパンクラスを牽引してきたエース。2012年4月にはライト級王座を獲得。昨年4月に松嶋こよみ(パンクラスイズム横浜)を破りフェザー級暫定王座を獲得し、1年の欠場期間を経て今年5月に正規王者ナザレノ・マレガリエ(ブラジル/TEAM TAVARES)とのタイトルマッチへ。判定勝利で王座を統一し、二階級制覇を果たした。戦績は24勝5敗。

2017年8月の初対決ではアグオン(右)がISAOを破る番狂わせを演じた

 対するアグオンは地元グアムのMMA団体『PXC』一筋で活躍し、2014年10月にバンタム級王座を獲得した実績を持つ強豪。近年では『RIZIN』で活躍する山本美憂の実力を飛躍的に伸ばした名コーチとしても知られている。今年4月には中島太一(パラエストラ東京)との挑戦者決定戦を制し今回のタイトルマッチを迎えた。戦績は13勝7敗。

 ISAOとアグオンは2017年8月に一度対戦しており、その時はアグオンが判定で勝利。果たしてISAOがリベンジを決め初防衛を果たすか、アグオンが2連勝でタイトルを奪取するか注目の一戦だ。

東(右)は強烈な打撃を武器に海外選手を次々に撃破し4連勝中

 バンタム級の女子マッチも決定。女子バンタム級1位の東 陽子(33=和術慧舟會 AKZA)がブラジルのタチアネ・フォンテス(27=WARRIORS MSP)と対戦する。

 東は柔道で2002年全国高等学校選手権優勝、2003年フランスジュニア国際大会3位などの実績を持ち、2017年12月にプロデビュー。初戦は一本負けを喫したものの、以来4連勝と快進撃中。

東とブラジルのフォンテス(右)が対戦決定

 これまでのキャリア全5試合のうち4試合を外国人選手との対戦が占めており、今回もまた容姿端麗なフォンテスを迎える国際戦となった。

 また、フライ級では今大会から本戦に昇格する有川直毅(K-PLACE)と柔道をバックボーンに持つ元GLADIATORフライ級王者・加マーク納(総合格闘技道場コブラ会)の一戦が決定している。

<決定対戦カード>

▼フェザー級K.O.P.T. 5分5R
ISAO(NEVER QUIT/第8代フェザー級キング・オブ・パンクラシスト)
vs
カイル・アグオン(アメリカ/SPIKE22/同級1位/元PXCバンタム級王者)

▼バンタム級 5分3R
東 陽子(和術慧舟會 AKZA/同級1位)
vs
タチアネ・フォンテス(ブラジル/WARRIORS MSP)

▼フライ級 3分3R
有川直毅(K-PLACE)
vs
加マーク納(総合格闘技道場コブラ会)

☆10.20 PANCRASE309 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・ISAOが二階級制覇、因縁対決は近藤有己が郷野を下す=2019年2月

・44歳で体力の衰えも無し、進化し続ける山本美憂のポジティブシンキング=2018年7月インタビュー

・アグオンが中島を破り挑戦権獲得(記事下段)=2019年4月

・インド王族武術の美女・法DATE、1回戦は、韓国の打撃系ファイター

・東がキム・ヨンギを下し4連勝(記事中段)=2019年6月

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧