TOP > ニュース 一覧

【RISE】那須川天心、カウンター待ちの志朗に「作戦的に上手くいったが倒したかった」

2019/09/17(火)UP

カウンター待ちの志朗に左フック、志朗の右ストレートとクロスする

 9月16日(月・祝)千葉・幕張メッセ イベントホールで開催された『RISE WORLD SERIES 2019 Final Round』の一夜明け会見が、17日(火)都内のホテルにて行われた。

 メインイベントのRISE WORLD SERIES 2019 -58kg Tournament決勝戦で、フルマーク判定勝ちで志朗を下し優勝者となった那須川天心(21=TARGET/Cygames)が会見に出席した。

那須川と向かい合い、カウンターを狙う志朗(右)

 試合について「最近、格闘技でジャイアントキリングが多く起きているんですけど、自分はそういうことは絶対にさせないと思っていたので、とりあえず勝ててホッとしたかな」と安堵する。「結果は判定だったんですけれども、志朗選手もすごく対策を練ってきて、自分の思うような試合運びはできなかったんですけれども、それでも、しっかりと勝ちを取れることが嬉しかったです」と語る。

 志朗の戦い方について「志朗君は相手のことを研究する選手で、毎回試合のスタイルが違う。自分自身の試合を何度か見返してみて、自分が突っ込んだ時に(志朗が)カウンターで来るんじゃないかと思っていたんですよね。志朗君も殺傷能力はあるんで、もらったらいけないなと意識していました」と志朗のカウンター狙いを警戒していたという。

一夜明けでコメントする那須川

 さらに「作戦的にはうまくいったんですけど、倒したかった。最初からプレスをずっと強めにしていたのですが、前に出すぎずフェイントをかけるという、格闘技をずっと見ている人でないとわからない攻防だったと思います。今回ほぼ被弾していないので、プラスで倒せるようにもっともっと磨いていけたら」とカウンター待ちの相手にも倒せるよう修行したいと言う。

 今回のトーナメントを振り返って「準決勝に残った選手で、誰もベルトを獲るとか、そういう意気込みをしてなかったじゃないですか。それって良いことだと思っていて、ベルトよりも価値のある戦いだった。誰もベルトが目的ではなくてワールドシリーズで優勝するという名誉が欲しかったんじゃないかなというのがありました。それくらいのレベルの拮抗したトーナメントだったんじゃないかなと」と優勝出来たことを誇りに思うとコメントした。

●編集部オススメ

・【RISE】那須川天心が左手ケガを告白「3ヶ月くらい休みたい」、打たないと勝てない相手だった

・【RISE】那須川天心が志朗との心理戦を制しトーナメント制覇

・【RISE】那須川天心、決勝の志朗と妹・梨々について=試合後インタビュー

・【RISE】那須川梨々が右ハイキックでKO勝利、兄・天心に勝利のバトン渡す

・【RISE】那須川天心VS志朗を予想、志朗が勝つには=内山高志、朝倉兄弟、青木真也ら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧