TOP > ニュース 一覧

【イノベーション】原口健飛、“Mr.KNOCK OUT”森井洋介に「尊敬を込めてノックアウトします」

2019/09/24(火)UP

多様で攻撃力ある足技を持つ原口

 11月17日(日)に、岡山市総合文化体育館メインアリーナで開催される『JAPAN KICKBOXING INNOVATION 認定 第6回岡山ジム主催興行』に出場する原口健飛(21=FASCINATE FIGHT TEAM)。

 原口は元KNOCK OUTライト級王者・森井洋介(31=野良犬道場)と対決する。

 原口は17年の「RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT」で優勝者に延長で判定負けして以来、無敗の快進撃。今年9月16日のRISEでは第5代RISEスーパーフェザー級王者チャンヒョン・リーを得意の蹴りとステップ、ボクシング技術で完封した。

 対する森井は『KNOCK OUT』で旗揚げ以来KO勝利を重ね、17年12月には激闘の連続となったトーナメントを制して初代KING OF KNOCK OUTライト級王者に輝き、”Mr.KNOCK OUT”の異名を取るまでに。しかし今年2月の「KNOCK OUTライト級アジアトーナメント」準決勝でチャンヒョンにKO負けを喫した。

チャンヒョンに見事なクロスカウンターをヒットさせる原口

 原口は「ずっと前から『強すぎて試合をしたくない選手がいる』と周囲に言っていたのですが、それがチャンヒョン選手と森井選手だったんです」と言う。今回、その二人と間2ヶ月での連戦となった。

 そんな「やりたくない」相手との試合を受けた理由を原口は「強くなるには、強いヤツとやらなきゃあかんやないですか!」と言い放つ。

 原口は主にヒジ・掴み無しルールでのRISEやRIZINで活躍しているが、今回はヒジ打ち肘打ちあり、首相撲無制限、5回戦のどれもが初体験のルールとなる。
 それらの対策について原口は「ヒジと首は、森井選手がそれ中心で仕掛けてくるタイプじゃないんで大丈夫かなと。もちろん、無策ではありません。それらを“させない”方法は、頭の中にあります。5ラウンドは、早めに倒せばいいことかなと。不安はありませんよ。いつも通りの動きが5ラウンドでもできる自信があります」と”原口スタイル”に自信を持つ。

強打でKOの山を築いてきた森井

 さらに「ホンマに強いなら“立ち技”の範疇でルールは関係あらへんと思います。天心選手はもちろん、シュートボクシングの海人選手だってキックボクシングルール上等やないですか。MMAは、普段まったく練習してへん寝技をぶっつけでするわけにいかないから『それでも勝てる』なんて言うたらあかんでしょうけど、男と男が向き合って戦うのに細かなルールの差をゴチャゴチャ言うのは好かんです」とルールに寄り好みはしないと言う。

 今回の試合で注目してほしい所は「足技」だと言い「三日月蹴りはもちろん、ハイキックとか殺傷力が強い一発を狙います。もちろん、パンチで倒したい気持ちもあるので、イケる時にがっつりイキます!って言いながら、あえてヒジっていうのもありかな」と蹴りの他にも、オールマイティに攻めるつもり。

 9月に自身のジム「FASCINATE FIGHT TEAM」をオープンしたばかりの原口「『FASCINATE』とは『魅了する』。そんな試合をするってことです。強いヤツがその強さを証明して魅せつけます。僕の中の最高の二人。チャンヒョンさんの次は、“Mr.KNOCK OUT”森井選手、尊敬を込めてノックアウトします!」とKO勝利を宣言した。

♢選手データ
・原口 健飛 1998年4月9日 兵庫県出身(21歳) FASCINATE FIGHT TEAM所属
身長:175cm 体重:61kg 構え:右
戦績:14戦12勝1敗1分(7KO)
タイトル・実績:Road to RIZINキックトーナメント優勝、元ACCELフェザー級王者、第32回POINT&K.O.全日本空手道選手権大会優勝 

・森井 洋介 1988年7月30日 長野県出身(31歳) 野良犬道場所属
身長:171cm 構え:右
戦績:57戦43勝(29KO)9敗5分
獲得タイトル:元KNOCK OUTライト級王者、元全日本スーパーフェザー級王者、元WBCムエタイ日本フェザー級王者、元WPMF日本フェザー級王者、元Bigbangスーパーフェザー級王者

●編集部オススメ

・原口健飛が恐怖に打ち勝ち、止まらない攻撃でリーを完封

・関西に天才児現る。初出場の19歳・原口健飛が王座奪取

・韓国の鉄拳RISE王者リーが森井洋介をKO

・小林愛三のムエタイ世界戦が決定、相手は117戦のムエタイ4冠王者

・栗秋祥梧がスパーで本気のボディ宣言に、ぱんちゃん「えぇーっ!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧