TOP > ニュース 一覧

【イノベーション】小林愛三のムエタイ世界戦が決定、相手は117戦のムエタイ4冠王者

2019/09/03(火)UP

王者タナンチャノック(左)と小林愛三

 11月17日、岡山市総合文化体育館メインアリーナで開催される『JAPAN KICKBOXING INNOVATION 認定 第6回岡山ジム主催興行』で小林愛三(23=NEXT LEVEL渋谷/初代ムエタイオープン女子フライ級王者)がWPMF(世界プロムエタイ)女子世界フライ級(50.8kg)タイトルマッチに挑むことが3日発表された。

 相手は同級王者のタナンチャノック・ゲーオサムリット(21=タイ)。

伊藤紗弥に縦肘の連打で攻め込む小林愛三(右)

 小林はわずか6戦目でMuayThaiOpen女子フライ級王座を獲得。KNOCK OUTには2017年5月から参戦し、昨年12月にはムエタイ世界3冠王・伊藤紗弥を破り、更に今年4月にはシュートボクシングGirls S-cup48㎏世界トーナメント2018王者のイリアーナ・ヴァレンティーノ(イタリア)に判定勝利し勢い付く。しかし今年7月のRISEでは計量オーバーで失格、試合中止に。今回はその雪辱を果たす再起戦となる。

昨年12月、強力なミドルキックを叩き込むタナンチャノック(右)、勝利し王座を獲得した

 対するタナンチャノックは昨年12月16日、岡山ジム主催興行で王者・白築杏奈に挑戦し、パワーとスタミナに勝る白築に得意の右ストレートや、右ミドルを連発。近付けば首相撲から膝蹴りのムエタイ技術を駆使し、2-0の判定で新王者となり二階級制覇を達成した。戦績は21歳にして117戦89勝と場数をこなし、これまで4つのタイトルを獲得している。

 小林はこのムエタイ王者にどう対処するか。KO率は89勝のうち13KOとさほど高くはないので、普段のアグレッシブさで思い切り行くのも手かもしれない。小林はプロ2戦目で、天才ムエタイ少女と話題になっていた83戦71勝9敗3分の戦績のペットジージャ(タイ)と対戦し判定勝利している。このことからも小林にも十分に勝つ可能性はある。はたして小林がどのような戦いを見せるのか注目される。

■イーファイト選手DATA
・小林愛三:1996年2月18日生(23)東京出身 NEXT LEVEL渋谷所属 
身長:158cm 構え:右
タイトル:初代ムエタイオープン女子フライ級王者
戦績:16戦11勝(3KO)1敗4分
小林愛三の選手名鑑はこちら  

・タナンチャノック・ゲーオサムリット:1997年9月15日生(21)タイ出身 ゲーオサムリットジム所属
身長:161cm 構え:右
タイトル:WPMF世界女子フライ級王者、元WPMF世界女子ライトフライ級王者、ミラクルムエタイ女子ワンデートーナメント2018 優勝、タイ国プロムエタイ協会女子フライ級王者)
戦績:117戦89勝(13KO)14敗4分(18年12月16日、岡山ジム興行に勝利後の戦績)

●編集部オススメ

・小林愛三が気迫の勝利、イリアーナにリベンジ果たす

・計量パスの小林愛三「ヒジでガンガン行く」

・タナンチャノックが白築杏奈下し新王座に就く

・KNOCK OUT女子エース小林が世界三冠女王・伊藤を下す金星

・美女キックボクサーぱんちゃん璃奈、初グラビアに「鍛え上げた身体を見て」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧