TOP > ニュース 一覧

【Bellator×RIZIN】コーカーCEO、ヒョードル戦は「日本でやらないといけない試合」今後の日本大会についても言及

2019/10/09(水)UP

ベラトールのコーカー代表(中央)が会見に応じ、ヒョードルvsジャクソン戦に「日本でやらないといけない試合」と言及

 12月29日、さいたまスーパーアリーナで開催の『BELLATOR×RIZIN全面対抗戦』の緊急記者会見が10月9日(水)都内にて行われた。アメリカの大手格闘技団体BellatorがRIZIN協力のもと日本で大会を初開催する。
 本会見の後、ベラトール代表のスコット・コーカー氏が囲み会見に応じ、今後のベラトールの展開について考えを述べた。

コーカー氏はRIZINとの良好な関係をアピール「来年末も一緒に何かできたら」

 コーカー氏は同会見で発表されたエメリヤーエンコ・ヒョードル vs クイントン・”ランペイジ”・ジャクソンの一戦について「この試合は日本でやらないといけない試合だと思っていた」と強い意志で社内で意見を貫き通したことを明かし、実現まで至ったことを「非常に興奮している」と喜びを見せた。

 コーカー氏はヒョードルと3試合の契約を結び、ヒョードル最後のツアーとして3試合計画したという。その1試合目が年末の日本での一戦となり、その後ヨーロッパで一戦、最終戦はヒョードルの生まれ故郷であるロシアで行う構想を明かした。特に最終戦については「モスクワでやりたい」という明確な希望を持つというコーカー氏。ベラトールにはロシアの有力選手が多く在籍するため、強いカードで勝負できるという目算を明らかにしている。

ヒョードルと3試合契約を結んだと明かしたコーカー氏「最終戦はロシアのモスクワで」という構想も

 今回ベラトールの大会を日本で行うことについて、コーカー氏は「(ベラトール親会社の)バイコム社のミッションはベラトールを世界基準のブランドに育てること。これまでヨーロッパでの開催に集中していたが、今回榊原(RIZINCEO)さんとのいい関係ができたので、ワールドワイドに成長する第一歩」として日本を選んだと回答。来年は年間30大会を予定しており、再び年末にRIZINと一緒に大会を開催する構想もあると明かした。

 ヨーロッパでは「その土地をよく知っているプロモーターと協力している」というコーカー氏。日本ではRIZINの榊原CEOと手を組むことで「いいイベントができる」と、両団体の良好な関係に満足している様子を見せた。

ベラトールバンタム級王座を持つ堀口(右)について「アメリカで防衛してほしい」とラブコール

 気になるベラトール世界バンタム級の王座を保持する堀口恭司(アメリカン・トップチーム)の参戦については「年末(の12月29日)についてはRIZINで堀口の出場をどう考えているか明確でないのでわからない」としながら、将来的には「ぜひアメリカでタイトルを防衛してい欲しい」という考えを示している。

 なお、年末の大会の開催についてはコーカー氏いわく「ここ3~4日で用意したこと」であるため、現時点では具体的な対抗戦のカード、進行スケジュール等について未定の部分も多いとのこと。今後詳細については追って公開するとしている。

 

●編集部オススメ

・ヒョードルの相手は元UFC王者“ ランペイジ”・ジャクソンに決定=12.29

・ヒョードル年末大会に参戦、日本でのラストマッチを明言

・【ベラトール】ベイダーがヒョードルを35秒一撃KOして優勝(動画あり)

・【ベラトール】ヒョードルがGP決勝戦の計量パス、王者の栄冠まであと1勝

・【RIZIN】10.12 全試合順発表、朝倉はセミ、メインはプロハースカ=榊原CEO理由語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧