TOP > ニュース 一覧

【RISE】初参戦の大﨑孔稀、政所戦は「ムエタイスタイルで勝つ」と自信、未来の那須川戦も視野

2019/10/28(月)UP

大﨑孔稀(左)がRISE初参戦でランキング1位の政所と対戦

 11月4日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE135』に出場する大﨑孔稀(20=OISHI GYM)のインタビューが主催者を通じ届いた。

 大﨑はKNOCK OUT初代フライ級トーナメントで準優勝を果たした大﨑一貴の実弟。兄を上回ると評される抜群のセンスを武器にKOの山を築き、WMC日本スーパーフライ級・J-NETWORKスーパーフライ級の王座を奪取している。ルンピニースタジアムで8連続KOを記録した兄・一貴を上回る才能を持つと評されているが、今年1月から5月までは2勝2敗と苦戦を強いられた。しかし直近2試合は石川直樹、濱田巧を連続撃破し2連勝中と復調の兆しを見せる。

 今回がRISE初参戦となる大﨑。ヒジ有り・ヒザ無制限のムエタイ路線を突き進んでいた大﨑はヒジ無し・組みヒザ制限有りのRISEへの参戦について「RISEはすごく盛り上がっているリング。ムエタイスタイルでも勝てるというのをRISEファンに見せたい」と意気込んだ。

大﨑(右)は政所戦の先の王座挑戦、そして那須川天心戦を見据える

 ムエタイルールを主戦場とする選手のRISE参戦といえば、「RISE WORLD SERIES」に参戦した梅野源治、志朗が頭に浮かぶファンも多いだろう。大﨑は「ムエタイ系の選手でも結果を残しているので、僕も続きたい」とその両名を例に挙げ、ムエタイのエッセンスを残しながらRISEルールに適応していく姿勢を見せる。パンチ中心の練習に切り替えているという大﨑だが、その中でも首相撲などのムエタイの練習にも取り組んでいると、現在の方針を語った。

 今回の対戦相手はRISEランキング1位の政所仁(21=魁塾)。兄・一貴に勝っている石井一成をヒジ無しのRIZINキックルールで破っている政所を「ヒジ無しのキックルールだったら強い。今年5月の田丸辰選手との試合も上手くて強いなと思いました」とその実力を高く評価。政所との一戦は「軽量級らしくスピードのある試合になるんじゃないかな」とスピード感のある展開になると予想した。

対戦相手の政所(左)はかつて大﨑の兄・一貴を破った石井一成を撃破(c)RIZIN FF

 ランキング1位である政所戦をクリアすれば、おのずと見えてくるのはRISE王座への挑戦。現王者の田丸辰は今年9月に一階級上の王者・鈴木真彦と対戦。惜しくも判定で敗れたものの、パワーに勝る鈴木の攻撃を空転させ、あわやというシーンも見せる名勝負となった。その鈴木戦を例に挙げ「ほとんどの攻撃を避けていてすごく目のいい印象」と田丸のディフェンス能力を評価。その上で「僕が階級を上げていけば、間違いなく鈴木真彦選手ともやることになるでしょうね」と田丸に勝利した鈴木との対戦も視野に入れた。

 鈴木がいるRISEの55kg級はランキング1位に良星(らすた)、2位に結城将人が並び、その下にも多くの名選手が名を連ねる。大﨑は「RISEにはいい選手が多いので、そういう選手とやっていけば面白い試合ができるんじゃないかと思って楽しみです」と、定期参戦を匂わせる発言。そして「まだまだ先のことになると思いますが、このまま勝っていけば那須川天心選手との試合も」と、未来の頂上決戦も見据えていることを明かした。

 さらに今回勝てば兄・一貴のRISE参戦もありうると語る大﨑。兄弟参戦、王座挑戦、そして那須川天心との対戦と夢を語る大﨑の参戦は、RISEにどんな嵐を呼び込むか。

●編集部オススメ

・【前回の試合】大﨑孔稀が濱田巧に貫録の完封勝利(記事下段)=2019年10月

・寺山日葵「紅絹に勝ちRISE女子の象徴を目指す」、紅絹「恐ろしい女」

・【RIZIN】石井一成、地元・福岡で新鋭に敗れる=2017年10月

・[11.4]”月イチ”大﨑孔稀がRISE初参戦、いきなりスーパーフライ級1位の政所仁と対決

・【ボクシング】井上尚弥著『勝ちスイッチ』が発刊、強いメンタル法や食事などの実践術

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧