TOP > ニュース 一覧

【K-1 KRUSH】林勇汰が被弾覚悟で打ち合い宣言「怪我してでも勝つ」=11.16大阪

2019/11/12(火)UP

強烈な拳を叩き込む林(右)(C)M-1 Sports Media

 1116日(土)大阪 サンエイワーク住吉スポーツセンター大会で開催される『K-1 KRUSH FIGHT.108』。同大会の「K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級タイトルマッチ」で、王者・玖村将史(20K-1ジム五反田チームキングス)に挑戦する、林勇汰(20FLYSKY GYM)が公開練習を行った。

 林は「減量で疲れてるけどめっちゃ練習して良い感じです」と調子の良さをアピール。公開練習では1分間のミット打ちで、豪快なパンチやスピード感のあるミドルを披露した。終盤には、ヒジ打ちと頭突きを交えたまさかのミャンマーラウェイ式ミット打ちも行った。

 11K-1横浜大会ではミャンマーラウェイ王者・金子大輝とK-1ライト級王者の兄・健太が対戦することもあって「兄の脅迫です」と苦笑い。健太にラウェイ式のミット打ちを強要されていたようだ。

弟・勇汰の公開練習をK-1ライト級王者の林健太(奥)が見守る(C)M-1 Sports Media

 神戸時代の恩師であるSFKの寒川慶一代表が「しんどい思いもしてきている子」というように、紆余曲折ありながらタイトルマッチに漕ぎ着けた。「今回寒川代表に挨拶に行ったら、会場まで応援に来てくれるそうで、凄いありがたいなって思います」とかつての師に感謝の言葉を送る。

 上京後はKREST、そして2人の兄と共にFLYSKY GYMでトレーニングを積み、成長を支えてくれたフンファー会長は林が会心のKO勝ちを見せた630日のK-1両国大会の翌日に急逝した。林は上京して出会ったもう1人の恩師・フンファー会長の元にベルトを持ち帰ると意気込む。

ジムには急逝したフンファー会長の遺影が(C)M-1 Sports Media

「会長とキヨ(キヨソンセントレーナー)が僕の悪いところを直しながら良いところばっかり伸ばしてくれました。戦い方から変えてくれて、ここで練習しだしてから練習も楽しいし、自分が強くなっている実感もあります」と、FLYSKY GYMに来てから大きく成長しているのだと語った。

 また、先日の会見では王者・玖村が「ナメられてるのかな」というコメントをしていたが、「ナメられてるのかなって言ってる時点で、向こうが俺のこともナメてるんかなと思う。ナメられてるのかなっていうより自分がナメてんのかなって感じですね」と不満感を露わにする。

 試合展開に関しては「玖村選手はセンスがあって綺麗に戦うけど、勝てない相手じゃないと思います。リーチがあるので距離を取られたらやりにくそうですけど、自分に出来ることはガンガン前に出て打ち合うこと。最後は倒して勝ちたいですね」と得意のパンチ勝負に持っていけるかが鍵となりそうだ。

(C)M-1 Sports Media

 その打ち合いに挑むために距離を潰すことが必要だが「距離を詰めるためにパンチを多少もらうのは覚悟のうえだし、怪我してでも勝ちたいと思ってます」と被弾覚悟で打ち合いの展開にすると宣言。

 共にK-1 JAPAN GROUPで活躍する兄2人(健太と将多)は「絶対勝てるって言ってくれてるんですけど、自分は2人に負けたくないから頑張ろうっていう感じですね」と兄弟に刺激を受けつつ、ベルト獲得のチャンスに闘志を燃やす。

☆11.16 KRUSH大阪大会の試合順・対戦カード、イベント日程はこちら

●編集部オススメ

・玖村将史、”棚ぼた”挑戦者・林勇汰に「一方的に殴って倒す」

・打たせずに打つ、技巧派・玖村将史が新王者に=2019年2月

・玖村修平と林勇汰はノーコンテストに=2018年12月

・11.24 武尊攻略に自信の村越優汰、勝てる確率は何と8割以上

・11.24 武尊が村越優汰を迎え「K-1のリングは判定いらない」とKO宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧