TOP > ニュース 一覧

【ホーストカップ】大崎一貴が韓国の元王者と激突、格闘代理戦争で人気を博したアミンも参戦

2019/11/19(火)UP

波に乗る大崎一貴が元韓国王者と対決

 12月15日(日)名古屋国際会議場イベントホールにて開催される『HOOST CUP KINGS NAGOYA 7』の対戦カードが発表された。

 WMC日本フライ級王者・大崎一貴(22=OISHI−GYM)が参戦。MAX FC元フライ級王者チェ・ソクヒ(韓国)と53,5kg契約、EXルール(ヒジ・組んでのヒザあり/3分3R延長1R)で対戦する。

 大崎はムエタイの本場タイで8連続KO勝利という驚異の記録を立てた強豪。日本では初代WMC(世界ムエタイ評議会)日本フライ級やLPNJ(ルンピニースタジアム オブ ジャパン)フライ級王座などの国内ムエタイタイトルを獲得している。

強烈な右フックでダウンを奪う大崎

 今年の10月大会では、14勝無敗のHOOST CUP日本スーパーフライ級王者・滉大を判定で下し、関西軽量級トップ対決を制した。

 対するソクヒは韓国のメジャーキックボクシング団体『MAX FC』の元フライ級王者。

 今年6月のBOMで、現在三冠王の鳩(あつむ)からダウンを奪い勝利している。続く7月にも来日し、RISEvsMFK(韓国)の対抗戦で、元RISEスーパーフライ級1位・金子梓に延長の末惜敗した。今回は得意とするヒジ・組みヒザ有りのルールで、日本人選手に相手に挽回せんと燃えているとのこと。

筋断裂を起こすほどの強打でKO勝利したアミン

 また武蔵の愛弟子で、RISEフェザー級8位の泰良拓也(PFP)と、ピーター・アーツが育て上げたエル・エッサリ・アミン(PeterAertsGym)が58kg契約(3分3R延長なし)で激突する。

 泰良は10月大会でMAランカーの悠太を破り、波にのるスピードファイターだ。
 対するアミンは今年6月のAbemaTV主催『格闘代理戦争』に出場。「ピーターズ」の一員として決勝でKO勝利を飾り、アグレッシブなファイトスタイルで人気を博した。LEGENDたちの代理戦争に注目だ。

<決定対戦カード>

▼EXルール(ヒジ・組ヒザあり)53.5Kg契約3分3R(延長1R)
大崎一貴(OISHI-GYM/WMC日本フライ級王者)
vs
チェ・ソクヒ(韓国/T-CLUBキックボクシングジム/元韓国MAX FCフライ級王者)

▼67kg契約3分3R(延長なし)
ヴィトー・トファネリ(ブラジリアンタイ/FIGHT DRAGON65Kg王者)
vs
洋輔YAMATO(大和ジム/NJKFウェルター級4位)

▼58Kg契約3分3R(延長なし)
泰良拓也(PFP/RISEフェザー級8位)
vs
エル・エッサリ・アミン(PeterAertsGym)

▼67Kg契約3分3R(延長なし)
吉田理玖(朋武館)
vs
森脇竜之介(大原道場)

●編集部オススメ

・TEAM武尊がピーターズとの激闘を制して見事優勝、武尊「勝たせてあげたかった」

・大崎一貴が無敗王者・滉大に初黒星つける※ページ下部

・皇治軍団が準決勝進出で武尊チームと対戦決定、両者が早くも挑発

・大崎一貴がルンピニーのメインで勝利、7連続KO勝ちに

・ぱんちゃん璃奈、宇宙人ヘアで計量パス「心はクレイジーに、頭はクレバーに戦う」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧