TOP > 試合結果 一覧

【格闘代理戦争】TEAM武尊が激闘を制して見事優勝、武尊「勝たせてあげたかった」

2019/06/16(日)UP

トーナメントを勝ち上がり見事優勝を果たした「TEAM武尊」

 インターネットテレビ局AbemaTV(アベマティーヴィー)」の格闘技界に次世代スターを送り出す格闘ドキュメンタリー番組『格闘代理戦争 4thシーズン』の決勝戦&スペシャルマッチが6月15日(土)に行われた。

『格闘代理戦争』は、格闘技界の次世代スターを誕生させるべくスタートした格闘ドキュメンタリー番組。4thシーズンでは、「K-1」の現役トップファイターが「監督」として参戦し、若きファイター数名を「ドラフト会議」で選抜。選ばれし“スターの卵”たちがK-1スターの個性的な指導のもと「団体戦」で激突、優勝チームには賞金総額300万円と「K-1」出場が確約される。

 これまでの放送では、芦澤竜誠率いる「芦澤一家」、久保優太率いる「久保ファミリー」、皇治率いる「皇治軍団」、木村“フィリップ”ミノル率いる「木村組」の4組に加え、シードチームとしてピーター・アーツ率いる「ピーターズ」と、武尊選手率いる「TEAM武尊」、全6組によるトーナメント戦が行われてきた。

ピーター・アーツ(右)率いる「ピーターズ」のアミンは、KO勝利も筋断裂で試合続行不可能に

 今回がクライマックスの決勝戦。両チームシードから順調に勝ち上がってきた「ピーターズ」vs「TEAM武尊」が激突した。

 第1試合はアミン(ピーターズ、先鋒)vs冨澤大智(TEAM武尊、先鋒)。前回の試合では断食中だったと話すアミンがいきなりパンチを振り回して冨澤からダウンを奪う。さらにフルスイングの左フックを振り回してKO勝利を飾った。しかしこの連打が仇となったか、アミンは筋断裂と診断され試合続行不可能となり棄権となった。

後ろ蹴りで応戦する水津(右)

 第2試合は水津空良(ピーターズ、中堅)vs橋本実生(TEAM武尊、中堅)だ。今大会でブレイクの香りを漂わせる橋本は、気持ちの強さを前面に出すフルスイングのパンチで迫るが、水津も粘り強く蹴りで応戦し会場を熱狂に巻き込む。
 2Rでは決着がつかず延長戦に突入し、判定2-1で橋本が勝利。

橋本(左)に声をかける武尊

 後がないピーターズは、大将の目黒翔太が登場。橋本実生(TEAM武尊、中堅)との第3試合は、K-1アマチュアMVPに輝いた実績を持つ目黒が的確にパンチを当て優勢に立つも、2試合目とは思えないスタミナを見せる橋本も得意の乱打戦に持ち込み一進一退に。判定までもつれた試合は2-1で目黒の勝利。

両チームの大将、岡嶋(左)と目黒

 第4試合には、TEAM武尊で1番のスタミナを持つと言われる、大将・岡嶋形徒が登場し、目黒翔太(ピーターズ、大将)と対戦。サウスポーの目黒に右ストレートをあてていく岡嶋。一時は目黒の動きが鈍くなるが、驚異の粘りを見せて勝負は運命の判定に委ねられる。優勝を賭けた打撃戦は3-0で岡嶋が勝利を掴み、TEAM武尊がK-1団体戦の王者へと輝いた。

 武尊監督は記念品が授与されるとそれをすぐさま、TEAM武尊の選手たちに手渡して選手を祝福し、選手たちにマイクを渡した。その後、武尊は「自分の試合だと緊張しないが、心臓がバクバクしていた。みんな、クレスト(K-1ジム)のきつい練習をプロの選手より頑張っていたので、勝たせてあげたいと思っていた。これはみんなで掴んだ勝利」と語る。

 続けて、「アマチュア戦すらやったことない選手もいる中で、バチバチに試合をしてみんなにパワーを届けられるのはすごいことだと思う。これからプロを目指して頑張っていくので応援をお願いします」と選手へエールを送ると、会場から大きな拍手と歓声が沸き起こった。激闘に次ぐ激闘で大盛り上がりを見せた『格闘代理戦争 4thシーズン』。勝利したチームも敗戦したチームも、これからそれぞれがプロのK-1のリングで輝いてくれるに違いない。

写真:(C)AbemaTV

●編集部オススメ

・皇治軍団が準決勝進出で武尊チームと対戦決定、両者が早くも挑発

・Aブロックは久保優太ファミリーが準決勝進出、新たにピーターアーツチーム出現

・マッハ推薦の平田樹がトーナメント優勝

・MIO「今回は当てて逃げて“闘牛士”がテーマ」

・MIOがピンチに陥るも逆転TKO勝ち、MMAデビュー戦を勝利で飾る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧