TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】村田聖明が異色対決、“ラウェイの元気印”東修平を迎え撃つ

2019/11/22(金)UP

SB日本ライト級1位・村田聖明(右)が出場

 12月3日(火)東京ドームシティホールにて開催される『SHOOT BOXING GROUND ZERO TOKYO 2019』の追加対戦カードが発表された。

 村田聖明(シーザージム)の参戦が決定。”ラウェイの元気印”東修平(AACC)との対戦が決定した。

 村田は元シュートボクシング(以下SB)日本スーパーフェザー級王者の肩書を持つシーザー武志会長の長男。豊富なスタミナから生み出される手数を武器に数々の強豪と拳を交えてきた。昨年9月にSB日本ライト級王座決定戦で西岡蓮太に敗れるも、その後前口太尊、マサ佐藤、山口裕人といった国内強豪を次々と撃破。タイトル再挑戦に向け勢いを増している。

東はMMAファイターにして、現在は過激格闘技・ラウェイに定期参戦、流血もいとわないタフなファイトが売り

 対する東はDEEP、GRACHANといった総合格闘技団体で活躍するMMAファイター。現在はグローブ無しで殴り合い、ヒジはもちろん頭突きも認められる”地上最も過激な立ち技格闘技”ラウェイに定期参戦。流血もいとわないタフでアグレッシブな戦いぶりで毎回会場を沸かせている。

 正統派シュートボクサーの村田と過激立ち技からの刺客・東。激闘必至の異色対決はどちらに軍配があがるか。

 また、本大会に出場が予定されていた村田聖明の実弟・村田義光(シーザージム)が練習中に左足を怪我。コンパートメント症候群の恐れがあるためドクターストップとなり、欠場が決定。代打でSB日本スーパーライト級8位YUSHI(TEAM FOREST)の参戦が決定した。

愛知を拠点に戦うYUSHIが階級を上げ心機一転、村田の代打でTDC大会に参戦

 YUSHIは愛知県を拠点とし、地元で開催されるSB愛知大会への参戦をはじめ、海外リングでも活躍。香港WMCI-1、韓国MAX FCといった海外の団体でのタイトル挑戦経験もあるワールドファイターだ。これまでライト級を主戦場としてきたが、今回からスーパーライト級に階級アップし気持ち新たに上位戦線への浮上を狙う。

 なお、YUSHIが所属していたGSB豊橋はこの度グラップリングシュートボクサーズから円満に独立しforest+(フォレストプラス)に名称変更。プロ選手の所属表記はTEAM FORESTとなり、引き続きシュートボクシング協会加盟ジムとして活動を続けることが発表されている。

<決定対戦カード>
▼64.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級1位)
vs
東 修平(AACC)

▼68.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
YUSHI(TEAM FOREST/SB日本スーパーライト級8位)※GSB豊橋から所属名変更
vs
佐達淳(シーザージム新小岩/SB日本スーパーライト級)

●編集部オススメ

・[前回の試合]村田聖明が延長判定の末山口裕人を下す=2019年9月

・ツヨカワMISAKIが計量パス「ヒロインになる」

・12.3 町田光、出るか居合パンチ改! 6連勝中の若き王者・西岡蓮太と対戦

・12.3 好調の植山征紀が“破天荒な天才児”栗秋祥梧と対戦決定

・12.3 スーパーバンタム級リーグ戦で竹野元稀と大桑宏章が激突、村田義光は佐達淳と対戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧