TOP > ニュース 一覧

【K-1】大道塾5連覇・加藤久輝と対決のK-Jee「加藤選手のレベルは高くない、武器を潰す」

2019/12/03(火)UP

12月のK-1名古屋大会で対戦する加藤(左)とK-Jee(右)

 12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナで行われる『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~』。K-1クルーザー級(3分3R・延長1R)で対戦する加藤久輝(37=ALIVE)と、初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王者・K-Jee(29=K-1ジム福岡チームbeginning)のコメントが主催者を通じて届いた。

 加藤はフランスで生まれ育ち、学生時代はハンドボールに打ち込み、高校卒業後に日本の社会人チームに所属し日本代表にも選出された。ハンドボールを引退後、格闘家に転向。大道塾では全日本大会・重量級を5連覇し、その後アメリカの総合格闘技団体『ベラトール』にも定期参戦している。一撃必殺の破壊力を武器に昨年はK-1に参戦。2連勝してK-1 WORLD GPクルーザー級王者シナ・カリミアンに挑戦するも判定で破れた。今回が再起戦となる。

 対するK-Jeeは一撃での殺傷能力が持ち味のファイター。今年開催された初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメントでは全試合KOで勝利して戴冠した。

豪腕で1RKO勝利した加藤

 加藤はK-Jeeについて「愛鷹選手がスーパーファイトでカリミアンに勝ってますけど、正直K-Jee選手の方が愛鷹選手より強いですよね。クルーザー級で日本人で一番コンプリートな選手で強敵だと思ってます。勝ち方を見ても蹴りで勝ったりパンチで勝ったり判定でも勝てる。焦らず自分のスタイルでいつも試合を運んでいて凄く良い選手だと思います」と高く評価する。

 今回の試合は「自分は完全なK-1ファイターにはならなくても良いんですよ。元々の自分のバックボーンはハンドボールから始まって大道塾や総合格闘技と他の選手にはないもので、それが自分の長所なので。それを殺さずに、他の選手とは違ったタイミングや間合いを活かしつつ、もっとK-1に適応したファイトスタイルで戦えばいいかなと思います。そういう意味でもK-1で自分にしか出来ない戦いをやっていきたいと思います」と積み上げたオンリーワンの個性で戦う。

 また「ここでK-Jee選手を倒して、純粋な日本人では僕にまだ相手はいないと思わせて、K-1チャンピオンとは誰がやるか?というところまで持って行きたい」と再度の王座挑戦を視野に入れる。

今年8月、2RKO勝利でKrush王座についたK-Jee

 対するK-Jeeは加藤について「いつかやるだろうと思っていた相手だし、しっかり倒してやろうかなと思います」とモチベーションは高い。加藤の印象についてK-Jeeは「パワーもあって倒す武器もある選手ですよね」としながらも「ただその武器さえ潰せば問題ないです。自分の中で加藤選手の武器を潰す方法は分かっているので、そこをしっかり考えて戦えばいいかなと思います」と加藤の武器を封印すると言う。

 さらに「加藤選手のレベルが高いとは思ってなくて、実績があるから楽しみ」と大物食いをし「試合が終わった時には注目されているような試合をしたい」と意気込んだ。

☆この大会の対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・王者カリミアンの挑発に加藤久輝が激怒、乱闘騒ぎに発展

・頂点目指す親友対決は、K-JeeがRUIに圧巻のKO勝利

・戦う美容学生・菅原美優が、保育士ファイター・C-ZUKAと激突

・元ボクシング王者の山田真子とJKファイターMOEが計量パス、両者ともに高梨のベルト狙う

・初の女子T開催決定、KANA「初代のベルトを自分が巻く」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧