TOP > ニュース 一覧

【DEEP JEWELS】ミクロ級王者決定トーナメント新設、戦う美人ママ佐藤絵実、古瀬美月、玉田育子ら参戦

2020/01/10(金)UP

新設のミクロ級王座決定トーナメント開催、古瀬美月、玉田育子、佐藤絵実の参戦が決定

 2月24日(月・祝)東京・ニューピアホールにて開催される『DEEP JEWELS 28』の対戦カードが発表。新設されるDEEP JEWELSミクロ級のベルトを争うトーナメントの開催が決定した。

 DEEPグループにおける女子ミクロ級は、2019年6月の『DEEP 90 IMPACT』から新設。絶対女王として長らく女子MMA界に君臨するしなしさとこの適性階級ということであり、しなしを中心としたベルト抗争が展開されると予想されていた。
 しかし同12月の『DEEP 93 IMPACT』において、しなしが沖縄の新鋭・にっせーに敗れる波乱。これによりミクロ級戦線は本命不在の様相を呈してきた。

古瀬美月がミクロ級戦線に殴り込み、新設王座をめぐるトーナメントへ参戦決定

 まず本トーナメント参戦が決定したのは古瀬美月(18=Y&K MMA ACADEMY)。古瀬は横須賀出身の女子大生ファイター。「AbemaTV」の『格闘代理戦争3rdシーズン』の女子トーナメント戦で青木真也推薦選手として出場すると、現在RIZINで活躍中のあいから一本勝ち。決勝では現在ONEで活躍する平田樹に敗れるも、感情を爆発させる言動とファイトで知名度を大いに上げた。
 デビュー直後は負けが先行し苦しい時期が続いたが、2019年は4勝1敗と好調。戦績を8勝7敗と五分以上に戻し、大きな成長を見せている。これまで主戦場としてきた49kg台から44kgのミクロ級まで約5kgの大幅ダウンだが、自身のSNSで「49kg余裕」と語っていた通り、ミクロ級への適応も十分にできるものとみられる。

“戦うアンチエイジング”玉田育子が参戦

 続いて参戦が決定したのは”戦うアンチエイジング”の異名を持つ玉田育子(52=AACC)。玉田は2005年7月に修斗でプロデビューし、当初は連敗したものの2006年11月から2010年6月まで12戦負けなし。2010年6月にはトーナメントを制して女子総合格闘技イベント『VALKYRIE』で初代フライ級女王の座に就いた。2014年9月には女子で世界最大の団体『Invicta FC』にも参戦を果たしている。
 2015年9月の浅倉カンナ戦から約3年半のブランクの後、2019年3月に復帰。マドレーヌ、KOTORIに連勝しその実力が健在であることを示した。

計量パスしポーズを決める戦う美人ママ佐藤絵美(左)と古瀬美月。この一戦は佐藤が一本で勝利している=18年9月

 3人目は”美しきママさんファイター”佐藤絵実(38=毛利道場)。佐藤は結婚・出産後にMMAを始め、2014年8月にわずか1年半というキャリアで韓国のMMAイベント『ROAD FC』に参戦。いきなりメインカードで人気選手ソン・ガヨンと対戦する異例のプロデビューとなった。2戦目ではしなしさとこに辛酸をなめさせられたものの、2017年6月の初勝利から青野ひかる、古瀬美月撃破を含む怒涛の4連勝を果たし、強い存在感を放っている。

 現時点において参戦決定者は3名。組み合わせも未定となっている。女子ミクロ級は前述のしなし、にっせー、KOTORI、マドレーヌと選手が多い。初のミクロ級王座をめぐる戦いは激しい波乱の連続となるだろう。

●編集部オススメ

・仮面女子・川村虹花が、3連敗からの脱出を賭け出陣

・【DEEP JEWELS】メルヘン戦士マドレーヌ、またしても計量でメルヘンワールドに

・DEEP JEWELS】“戦うママ”佐藤絵実、5連勝懸け「必ず勝つ」

・【DEEP】女子大生になった古瀬美月、樋田智子を撃破なるか=前日計量

・KINGレイナが階級上げ、計量失敗からの復帰戦が決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧