TOP > ニュース 一覧

【K-1】武尊がISKA王者とWタイトル戦「現役あと何年あるか、挑戦する試合を」(武尊)

2020/01/18(土)UP

武尊(左)の対戦相手はISKA王者のブアフフ(右)に決定した

 3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される“K-1年間最大のビッグマッチK’FESTA.3』の対戦発表会見が18日、都内にて行われた。

 既に参戦が発表されていたK-1スーパー・フェザー級王者 武尊(28=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の相手はISKA世界ライト級(-61kg)王者アダム・ブアフフ(モロッコ)に決定した。

 この試合は『K-1 WORLD GP&ISKAダブルタイトルマッチ』として60kg契約で実施される。ISKAのタイトルマッチがK-1で行われたことはあるが、K-1とISKAのダブルタイトルマッチは初めて。

 ブアフフは15戦15勝(9KO)無敗の戦績。中村プロデューサーによると「(ブアフフは)パンチ、多彩な蹴り技を持ち、アグレッシブで、どんな相手にもガンガン行く選手。武尊選手のスーパーフェザー級王者の防衛戦にふさわしいと考えた」という。

昨年のK’FESTAでは強烈なパンチで現役ラジャ王者にKO勝利した武尊(19年3月)

 会見に出席した武尊は「今回、K-1とISKAのダブルタイトルマッチを組んでもらって光栄です。K-1のチャンピオンは世界一にならないといけないので、世界のチャンピオンと戦えることは嬉しいと思っています。負けたらK-1のベルトが海外へ流出してしまうので、僕がK-1とISKAのベルトを巻いて3月11日は最後にリングに立っていたいと思います。(試合映像を見た印象では)アグレッシブで、攻撃一発一発が打撃を持っているなという印象。映像を観るのと戦うのでは強さの印象が違うので、気合を入れてやりたい」と決意を語った。

 現在28歳の武尊は「現役あと何年あるかわからない中で、守る試合じゃなくて挑戦する試合、海外とやる試合をやりたいとK-1側とも話していて、ヨーロッパにあるISKAのベルトを獲りたいとも話していたのですごく嬉しく思います」と語った。

 一方、ブアフフは会見には出席しなかったがコメントが届き「自分のファイターとしての価値を認めてもらえたと思った。武尊は初めての敗北を味わうことになるだろう。K-1は世界トップレベルの選手が集まるリングだが、自分もISKAの世界王者としてプライドを持っている。モロッコから日本に来て手ぶらで帰るつもりはない。2つのベルトをモロッコに持って帰る」と自信に満ちた内容だった。果たしてK-1のベルトがモロッコに持っていかれる事態になるのか。

 武尊は前戦の昨年11月、拳の腱断裂から長期休養明けの復帰戦でK-1 WORLD GPフェザー級王者の村越優太に大苦戦ながらも判定勝利。あれから4ヶ月後のこのWタイトルマッチで、本領発揮といきたいところだ。

●編集部オススメ

・カリスマ武尊が来年3月『K’FESTA.3』に正式参戦決定

・武尊vs江川優生、超エキシビションな攻防を展開(動画あり)

・武尊が現役ムエタイ・ラジャダムナン王者に衝撃のKO勝利=19年3月

・元K-1ガールズの松嶋えいみ、キックでボディメイクし新作DVD

・KO防衛のレオナ・ペタス、武尊に改めて対戦要求「一番乗ってる時の武尊選手とやりたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧