TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】中国でのカルロスvsポストルの世界戦など延期、新型コロナウイルスが影響

2020/01/24(金)UP

ラミレスvsポストルの世界戦は中止に

 2月2日(日)、中国海南省で争われる予定だったWBC、WBO世界スーパーライト級統一王者のホセ・カルロス・ラミレス(27=アメリカ)と元WBC世界スーパーライト級王者のビクトル・ポストル(35=ウクライナ)の『WBC、WBO世界スーパーライトタイトルマッチ』は主催者より延期が発表された。

 この興行は米ボクシングプロモーションのトップランク社と中国の上海を拠点とするスポーツマーケティング会社SECA(盛力世家)が共同プロモートするビッグイベントだったが、本日(24日)の午後になりトップランク社が発表した。

トップランク社の延期発表文 試合が2月1日となっているのはアメリカ時間として発表しているため

 現在中国で広がっている新型コロナウイルス肺炎に対し参加者や観客の健康や安全を考慮してのことだ。
 なお、この興行にはセミファイナルで前WBO世界スーパーフェザー級王者の伊藤雅雪(28=横浜光)が世界前哨戦として出場予定だったが、左上腕部筋肉断裂の怪我によりドクターストップがかかり3日前の21日に出場を辞退している。

 また、湖北省武漢市では2月3日~14日にかけて開催予定だったボクシング東京五輪アジア・オセアニア予選も22日中止を発表している。日本から男女合わせ11名の選手が出場する予定だった。中国各地ではイベントの中止が相次いでおり、ボクシングにも大打撃を与えている。

 現在、コロナウイルスでは中国全土で死者25人、感染者は830人に上る。

●編集部オススメ

・伊藤雅雪の世界前哨戦が中止、上腕肉断裂でドクターストップ

・井上尚弥がウバーリ戦を熱望、トップランク社と契約で米で対戦か

・【ONE】4月の日本大会が中止で下半期に延期、五輪影響の会場確保が問題か

・ルイス・ネリがまたもや体重超過、試合中止に

・井岡一翔ら世界戦ラウンドガール、大晦日ビキニも「会場の熱気で平気」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧