TOP > ニュース 一覧

【RISE】山田洸誓、臨月の元ラウンドガール妻を残しリングへ「家族のため頑張る、絶対に倒したい」

2020/02/20(木)UP

家族のためにも、RISE王者としても負けられない山田

 2月23日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE 137』のセミファイナルでは、RISEスーパーライト級王者・山田洸誓(27=正道会館KCIEL)vsNJKFウェルター級王者・中野椋太(23=誠至会)の王者対決が行われる。

 山田は正道会館の全日本空手道選手権連覇者で、プロデビューすると10連勝無敗のまま王者となった。
 戴冠した昨年9月の試合後には、2018年RISEラウンドガールの星乃七夕さんと結婚しており、現在妊娠中であることを明かして話題を呼んだ。

2018年にRISEラウンドガールを務めた山田の妻・星乃七夕さん

 相手の中野はNJKFウェルター級王座の他、元蹴拳スーパーライト級王者の肩書きも持つ。さらに昨年11月にはジャパン65㎏王座も戴冠。昨年7月にRISE初参戦すると、DEEP☆KICK-65kg王者・憂也を1RKOに下している。
 18年には「JUNON・スーパーボーイ・コンテスト」で応募総数16000人以上の中からベスト100に残った「イケメン・キックボクサー」としても知られる。

 山田は中野について「初めて中野選手の試合を見たのは、昨年7月の対憂也戦でした。それ以前に僕も憂也選手とやっているけど、一番あずった(焦った)試合だったんです。そんな憂也選手を中野選手は1RKOで倒したわけですからね。『強いな』と思いました」と言う。

空手仕込みの鋭い蹴りで攻める山田

 中野の闘い方の印象について山田は「ムエタイスタイルですよね。普段は僕より重い階級でやっているので、フィジカル面での対抗はちょっと難しいと思うので、技術面やスピードで勝っていきたいです」とテクニック面で上回る。

 両者ともに戴冠後初試合となるが「RISEを背負っているので、勝ちにはこだわりたいと思っています。やっぱり倒したいですね。ラウンドに関係なく、チャンスが来たら絶対に。とりあえず最初は見てというのは僕の性に合わないです」と王者対決を制する。

 今年3月には初めての子どもが産まれるが「妻はもう臨月なので、僕が試合をやっている時に産まれてもおかしくないんです。家族のためにも頑張りたいです」と意気込んだ。

ダウンを奪い余裕の笑みを見せる中野

 対する中野は、山田との対戦について「嬉しいですね。KOで勝って美味しいところを全て奪い取ったろうかなと。無敗なのでぶっ倒して初めて土を付けられるってのもいいですね」と待ちきれない様子。

 山田の印象を中野は「映像を見て、全く問題ないと思いました。山田選手は10戦、僕はその2倍の20戦の経験があるのでキャリアの差を見せ付けて勝ちます」と自信を持つ。

「RISE参戦を決めたのは、単純にベルトを狙うため」と言う中野。今回はノンタイトルマッチなので、ここで勝てば次にタイトルマッチの可能性もある。しかし中野は「一回勝てばそれで満足なので、やらなくていいです」ときっぱり。

テクニックに裏打ちされた強打を武器とする中野

 中野は「僕の本来の階級のウェルター級のタイトルマッチを4月のRISE大阪大会でやってもらうというのはどうでしょうか。山田選手をKOで倒せば十分にその資格はあると思います」と地元・大阪で、本来の階級での王座戦を見据える。

 メインイベントでは現ウェルター級王者・ベイノアがHidekiを相手に防衛戦を行うが、対戦したいのは「どっちでもいいです。勝った方とやって、僕が勝って最強を証します。そこでもKOする自信もあります」と自信満々だ。

 山田がRISEの牙城を守りきるか、中野が王者を打ち破り、侵略を進めてしまうのか。

●編集部オススメ

・山田洸誓が衝撃KOで山口侑馬を下し王座獲得、RISE QUEEN決定戦は寺山日葵が佐藤レイナを完封

・山田洸誓の新妻・星乃七夕も参加、2018年RISEラウンドガールのメンバー紹介

・”イケメン”中野椋太が憂也を左フックで葬る

・那須川天心、トレーナーから「身体能力は並」と宣告も、勝ち続ける理由

・“8頭身JKファイター”AKARIが満を持してTwitterを開始

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧