TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉未来、宣戦布告の元ONE王者の朴を「誰?」クソガキ発言も意に介さず

2020/02/23(日)UP

リング上で4月の対戦が決まった朴光哲(左)と朝倉未来

 2月22日(土)静岡・浜松アリーナで行われた『RIZIN.21』で朝倉未来(27=トライフォース赤坂)がダニエル・サラス(メキシコ/BONEBREAKERS TEAM)に2R、ハイキックでダウンを奪い、パウンドの連打でTKO勝利。戦績を13勝(7KO/1S)1敗とした。

 朝倉が「次は4月の横浜大会に出ます」とマイクアピールすると、突然リングに元ONE世界ライト級王者・朴光哲(42=KRAZY BEE)が上がり、朝倉に宣戦布告。

突然リングに上がり、宣戦布告する朴光哲

 朝倉は一体何が起こっているのかという状況をつかめないかのような表情。
 これまで朴と同門選手の矢地祐介を下し、KRAZY BEEと浅からぬ因縁もある朝倉だが、朴にとっては意に介したことでなく「ファイターとして一番勢いがあって、一番稼いでいる選手と戦う」というのが目的だとし、「負けたら辞めます」とこの勝負に進退を掛けるとも約束。
 榊原CEOもリングに上がって、横浜大会での注目の対戦が決定。これまで穏やかに話していた朴だったが、最後は朝倉へ「しっかり練習しとけよ、クソガキ」と攻撃的な一面を見せて朝倉を牽制した。

 朝倉は試合後の会見でその朴のことは全く知らなかったという。「おじさんが何で入ってきたのかなって思ったんですけれど」とリング上で状況がつかめなさそうな表情の理由は「一体誰だ」ということだったようだ。

朝倉がサラスにパンチを叩き込む。朴との打撃戦に期待だ

 その後「ONEのチャンピオンだった人と聞いて、試合はまだ見てませんが、まあまあ強いのかなって思ってます」と分析はこれから。
「しっかり練習しとけよクソガキ」と言われたことにも「いいんじゃないですか」と軽く交わす。連勝で勢いに乗る朝倉が今後RIZINでどんな活躍を見せてくれるか注目だ。

 朴は現在42歳、2001年に修斗でプロデビューし、05年に修斗環太平洋ライト級王者に。HERO’S 、DREAMに参戦後、2012年にONEの世界ライト級王座戦に挑み勝利し王者に。翌年青木真也に敗れ王座陥落するも、以降も19年8月までONEに参戦を続け、プロ戦績は42戦26勝(13KO/1S)14敗。
 朝倉とはストライカー同士の対戦となり、スリリングな打ち合いが期待される。

▼RIZIN浜松大会  朝倉未来vsサラス

●編集部オススメ

・朝倉未来、勝利の鍵はボディへの二段蹴りで閃いたハイキック

・この大会の全試合結果・写真・レポート

・朝倉未来が貫禄のTKO勝利、横浜大会で元ONE王者の朴光哲と激突へ

・朝倉未来「明日はKOする」サラスと約15秒の危険な睨み合い=前日計量

・朴光哲がKO勝利、初参戦にしてONE世界王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧