TOP > ニュース 一覧

【パンクラス】三村亘の欠場で“聖帝”土肥潤が降臨、関原翔と対戦へ

2020/02/26(水)UP

土肥潤vs関原翔のカードが決定

 3月8日(日)東京・スタジオコーストにて開催される『PANCRASE 313』の対戦カード変更が発表された。

 今大会で関原翔(リバーサル東京スタンドアウト)と対戦予定だった三村亘(パンクラス大阪稲垣組)が練習中の怪我のため欠場となり、代わりに土肥潤(総合格闘技道場MIBURO)の参戦が決定した。

 土肥はポーカーフェイスと独特の雰囲気を持つ京都府出身のグラップラー。“聖帝”、“大阪の壁”と呼ばれる実力者だ。

寝技を得意とする土肥(奥)

 パンクラスには2011年から参戦。昨年11月の大阪大会では、今回欠場となった三村と対戦し、スプリット判定で敗北している。

 パンクラス東京大会に前回出場したのは2015年4月。その試合では蓮實光と対戦し、わずか41秒でチョークスリーパーに仕留めて一本勝ちを収めている。
 急遽参戦となる久しぶりの東京大会でも“聖帝”の強さを見せつけることが出来るか。

 対する関原は「AbemaTV」の人気番組「格闘代理戦争 2ndシーズン」ファイナル大会のワンマッチに出場経験を持ち、昨年5月からパンクラスに参戦。プレリミナリーでの3連勝が評価され、今回が初のメインカード出場。“大阪の壁”土肥を超えることが出来るのか注目される。

<決定対戦カード>
▼バンタム級 5分3R
土肥 潤(総合格闘技道場MIBURO)
vs
関原 翔(リバーサル東京スタンドアウト)

●編集部オススメ

・北方大地が負傷欠場で初防衛戦は中止に、前王者・砂辺光久が代役で暫定王座戦へ

・【RIZIN】“まさかりチョーク”炸裂、金太郎がRIZIN初陣で失神一本勝ち

・修斗世界王者の松本光史、王座返上して電撃参戦「パンクラスのベルトを狙う」

・ケージを彩るラウンドガール、2020年メンバーが語る生観戦の魅力「命懸けでぶつかる姿に興奮」

・美女戦士DIANA、16歳JKファイター華蓮DATEがプロ初計量をパス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧