TOP > ニュース 一覧

【K-1】武尊が前回とは比べ物にならない仕上がり、実戦感覚と攻撃のバリエーションが鍵

2020/03/07(土)UP

左ミドルを蹴る武尊(右)

 322日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『K’FESTA.3』で、ISKA世界ライト級(-61kg)王者アダム・ブアフフ(29=モロッコ)との『【フュディアルクリエーション Presents】K-1 WORLD GPISKAダブルタイトルマッチ』に挑む、第4K-1WORLD GP スーパー・フェザー級王者・武尊(28K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が3月7日(土)所属ジムにて公開練習を行った。

 武尊は1分30秒のミット打ちをマスコミ陣の前で披露した。代名詞の力強いワンツーや強烈なヒザ蹴り、空手仕込みのバックスピンキック、さらにはバックブローも繰り出して好調ぶりを伺わせた。

 その後の囲み取材では「年明けからアメリカ合宿やって、帰ってからも練習をやってきたので、怪我する前以上になってきたし比べ物にならないくらいになった。自分でも今回楽しみです。完全復活するところを見てもらいたいです」と調子の良さをアピール。

左ボディを叩き込む武尊

 対戦相手のブアフフの印象は「パンチ振り回す系だと思ってたけど、しっかり蹴れて左の蹴りは強いという印象があったので気を付けたい。気持ちも強くてアグレッシブ」と語る。そのブアフフに対して、武尊は自身の持ち味である前に出て打ち合うファイトスタイルでKO宣言する。

 KO勝利するために武尊がアメリカで鍛えてきたのは、実戦感覚と攻撃のバリエーションだ。「全く知らない外国人と殴りあったりしてました」と突然ジムに出向いてスパーリングに取り組むことで、実戦感覚を前回の村越戦より付けてきた。

 攻撃のバリエーションに関しては「自分は右フックで倒すイメージがあるので左のパンチも練習してきた。ボクシングジムで色んな角度で打てるようになった」とパンチの打ち方に関しての成長も実感している。

このヒザ蹴りで、国内外の強豪にダメージを与えてきた

 さらに「20代後半になってきて、ここから伸ばすには(攻撃の)幅だと思うので、その練習をやり始めてまだ強くなれるんだなと(卜部)功也くんにも見てもらうようにもなって技術の面で強くなったと感じれるようになった」と兄貴分の力もあり、技術も進歩している。

 現在の必殺技は”右フック”だという武尊だが「(必殺技をさらに)増やしたいなって思いがあり、他の技でも倒せるようになりたい。必殺技って聞かれたら10個くらい返せるようになりたいです」とさらに倒せる技に磨きをかけていきたいとコメントした。

●編集部オススメ

・武尊、ブアフフの練習動画を見て激しい打ち合いを予想「K-1のベルトを守る」

・武尊がブアフフと対面「最高の試合になる、メインで間違いない」=K-1&ISKAタイトルマッチ調印式

・木村ミノル、格闘技のきっかけ貰った父親に「どこかで見てくれている」

・武尊が現役ムエタイ・ラジャダムナン王者に衝撃のKO勝利

・安藤美姫が初のキック体験、強い体幹にパワフル打撃で快音響かす

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧