TOP > ニュース 一覧

【Krush】吉岡ビギン、前王者に圧勝したパワーの秘密は「爆発的な攻撃力のためのフィジカル」

2020/03/29(日)UP

前Krushバンタム級王者・晃貴に大差の判定勝利を収めた吉岡(右)

 3月28日(土)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.112』の一夜明け会見が、27日(日)都内にて行われた。

 昨日の大会は、新型コロナウイルスの影響のため無観客試合で行われた。試合内容としては本戦8試合のうち5試合がKO、判定決着となった試合でも激戦に次ぐ激戦で、大いに盛り上がりを見せた大会となった。

 第6試合 バンタム級のワンマッチで元Krushバンタム級王者・晃貴(K-1GYM SAGAMI-ONO KREST)を下した吉岡ビギン(teamALL-WIN)が会見に出席し、昨日の試合を振り返った。

 試合は序盤から吉岡が三日月蹴りを効かせてダウンを奪い、パンチでも2Rと3Rにダウンを奪い、ジャッジ三者とも30-23を付ける大差で判定勝利した。対戦相手の晃貴は合計4度のダウンを喫したが、終盤になっても気持ちで立ち続け、ベストバウトとも言えるほどの試合となった。

吉岡の強烈な攻撃でダウンを喫した晃貴(左)

「前回の王者だったので凄く強かったですし、さすが王者だったなと肌で感じました。僕が折れそうになるくらい気持ちが強かったです。良い試合ができて良かったです」と相手を称えた。

 圧倒的勝利ともいえる試合展開になったが、「1Rで2回ダウンを取ったけど、(攻撃を)まとめる技術がなくて、そこが課題だったので悔しいなっていう気持ちでいっぱいでした」と自分が倒しきれなかったことが納得いかなかったという。

 序盤から効き目を発揮した三日月蹴りに関しては「空手時代から使っていましたね。幼い頃からやっていて、だんだん大きくなるにつれて得意になってきましたね」と長年の鍛錬が生んだ効かせる技だと語った。

吉岡の破壊力あるパンチがクリーンヒット

 Krush最軽量であるバンタム級で、ずば抜けた破壊力を見せつけた吉岡。「僕は木村ミノル選手に憧れていて筋トレと、爆発的な攻撃力のためのフィジカルをやってます」と持ち前の破壊力はトレーニングで意識して身に付けているようだ。

 今大会ではKrushバンタム級タイトルマッチで、王者・佐々木洵樹がサンベル・ババヤンを迎えての防衛戦が決定していたが、新型コロナウイルスの影響でババヤンが来日不可能となり試合が中止になった。次のタイトル挑戦者といえるほどの試合を見せた吉岡は「どちらが相手でも対策はするので、どちらでもベルトを取ることには変わりない」と述べた。

 最後に「課題が残る試合だったけど、次は僕が挑戦者で行きますので応援宜しくお願いします」とファンにメッセージを送った。

●編集部オススメ

・吉岡ビギン圧勝、前王者・晃貴は4度のダウンで満身創痍も立ち上がる意地見せる

・吉岡ビギンが大阪のリングで判定勝利

・武尊が「他団体とか関係ない大会を」と涙の訴え、魔裟斗「叶えてあげるのが大人の役目」(動画あり)

・前日会見は城戸康裕の独壇場、ラウンドガールに…

・チャン・リーが笑顔見せ計量パス、移籍後初戦は「気持ち、闘い方で圧倒して勝つ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧