TOP > ニュース 一覧

UFCへ電撃移籍のRIZIN王者ケイプ「今まで応援ありがとう、将来また日本で戦う」

2020/04/01(水)UP

UFC移籍が決まったケイプが、ファンへ動画で挨拶した

 3月31日に、米MMA団体 UFCと契約を結んだと発表したRIZINバンタム級王者マネル・ケイプ(26=アンゴラ)が、4月1日早朝(日本時間の0時過ぎ)にSNSの動画でファンへ向けての挨拶を投稿した。

 ケイプは昨年大みそかに、堀口恭司が負傷欠場し返上したRIZINバンタム級王座をかけて朝倉海(26=トライフォース赤坂)と対戦。第2ラウンド38秒TKO勝ちで新王者に輝いたばかり。3月31日早朝に、UFCと4試合の契約を締結したと、ケイプが所属するジムAKA Thailandが電撃発表していた。

いつものひょうきんな笑顔とは一転、真剣な表情で語りかけるケイプ@ManelKape

 ケイプはRIZINのベルトと勝利者トロフィーを横に置き、立って英語で語りかけた。

 ケイプはUFCに参戦することになったので、RIZINで試合をすることが出来なくなったと報告し、「応援してくれたファンのために日本を代表してUFCで戦う。ストーリーはまだ続き、将来再び日本に帰ってきて戦う」と誓った。そして最後に「アリガトウゴザイマス」と、頭を下げた。

 テキストでの日本語メッセージでは「いままで、応援ありがとうございます。私はUFCにいきますが、私のいまからのストーリーを是非みてください。これからも応援よろしくお願いします」と綴られていた。

 日本のファンからは「今までありがとうケイプ!必ずUFCでもチャンピオンになってくれ」「ナンダヨ オマエヨ チャンピオンになってくれよ」といったような、新天地でもトップを獲ることを望んで送り出している声が多い。 
 昨年の戴冠以後、朝倉海との再戦や、扇久保博正との防衛戦などが望まれていた。同じRIZINバンタム級の堀口恭司や水垣偉弥のようにUFCで活躍し再びRIZINのリングに上がってくれることに期待したい。

▼ケイプの日本のファンへのメッセージ動画

●編集部オススメ

・RIZINバンタム級王者マネル・ケイプがUFCと契約

・王者ケイプがUFC移籍、 挑戦決定していた扇久保博正「ケイプ頑張れ、寝技でお尻を叩きたかった」

・マネル・ケイプと朝倉海が乱闘寸前の挑発合戦

・朝倉海がTKO負け、新王者はマネル・ケイプに

・”難易度高め”筋肉女子ファイター渡辺華奈が”家トレ”動画を投稿中(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧