TOP > ニュース 一覧

【ホーストカップ】王者・上杉文博と前王者・一刀が、3度目のタイトル争い

2020/04/01(水)UP

上杉vs一刀が三度目のタイトルマッチ

 6月4日(日)エディオンアリーナ大阪第二競技場にて開催される『HOOST CUPタイトルマッチ&LEGEND DNA FIGHT』の対戦カードが発表された。

 HOOST CUP日本フェザー級タイトルマッチ(57.5Kg)として、王者・上杉文博(31=究道会館)vs一刀(36=モンスタージャパン)が行われる。(3分3R延長2R)
 両者はタイトルマッチとして3度目の対決となる。

 上杉はアクセルフェザー級王者を4度防衛、17年7月のホーストカップで初代日本スーパーライト級王座を獲得した。

前回の対決、互いに激闘するも手数で上杉が上回った

 18年5月に一刀にHOOST CUPフェザー級王座を奪われるも、19年10月にその一刀を下し王座奪還を果たした不屈の闘志の持ち主だ。昨年12月にはアクセルでブラジル人王者にダウンを奪いフルマークで判定勝ちしている。

 対する一刀は長らく関西キック界をけん引してきたベテラン。2012年10月には初代RISEフェザー級王座を獲得した。2019年6月にはRIZIN出場も果たした。

K-1小宮山工介からダウンを奪って勝利した一刀

 昨年上杉にリベンジを許し王座陥落したが、今年3月にRISEランカーの泰良拓也をKOで破り挑戦権を獲得した。

 お互いの意地と王座への執念を懸けた、3度目の対決。決着と王座、すべてを奪うのはどちらか。

<対戦決定カード>
▼HOOST CUP日本フェザー級タイトルマッチ(57.5Kg)3分3R(延長2R)
上杉文博(究道会館/王者)
vs
一刀(モンスタージャパン/挑戦者)

●編集部オススメ

・美ボディコンテスト優勝のグラドルの犬童美乃梨が自宅でできる本格トレ公開

・ル・マンのレースクイーンがラウンドガールに、ミス・ブラジルも

・ピーター・アーツの息子と娘がプロになって再来襲、日本人撃破に自信(動画あり)

・長島自演乙の師匠、61歳で激闘制し最高齢王者に

・菅原美優が国家試験に合格「春から美容師ファイターです」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧