TOP > ニュース 一覧

K-1グループKrushが5.30後楽園大会の延期決定、緊急事態宣言の延長受け

2020/05/04(月)UP

注目の対決、王者ゴンナパー(左)vs篠原悠人(右)のタイトルマッチが見られるのはいつか(C)M-1 Sports Media

 K-1実行委員会では、政府より発令された緊急事態宣言の延長を受けて、5月30日(土)東京・後楽園ホールで開催予定だった『Krush.113』の延期を発表した。

 同大会は当初4月25日(土)に予定されていたが、4月7日に発令された緊急事態宣言(期間は5月6日まで)を受けて開催延期を決定していた。しかし、5月4日に緊急事態宣言が5月末日まで延長となったため、再度延期することが決定。

前回の対戦では、わずか25秒で篠原がゴンナパーにKO勝利した(18年12月)

 今回は「Krushライト級タイトルマッチ」として、王者ゴンナパー・ウィラサクレック(27=タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)の3度目の防衛戦に篠原悠人(21=DRUGA)が挑む、注目の一戦も予定されていた。

 この一戦は因縁の対決で楽しみにしていたファンも多い。ゴンナパーは日本人キラーと呼ばれ、2018年4月にKrush王者を獲得したが、同年12月に「K-1ライト級世界最強決定トーナメント」(ノンタイトル戦)で、篠原悠人に左フックでダウンを奪われ、わずか25秒でKO負け。ゴンナパーとしてはリベンジを果たしたい一戦だった。

スーパー・ライト級王者・佐々木大蔵(左)は挑戦者・近藤拳成(右)と初防衛戦の予定だった

 他にも「Krushスーパー・ライト級タイトルマッチ」として王者・佐々木大蔵(29=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vs挑戦者・近藤拳成(20=大成会館)など、本戦9試合とプレリミナリーファイト3試合が発表されていた。

 代替日程、対戦カード、チケット払い戻しについては調整中で、詳細が決定次第、改めて発表されるとのこと。

●編集部オススメ

・【Krush】王者ゴンナパーが篠原悠人を相手にV3&リベンジ戦「待ちに待った機会」

・グラドル佐野マリアがラウンドガールに決定、バレー部出身の高身長ボディ

・菅原美優が国家試験に合格「春から美容師ファイターです」

・緊急事態宣言を受け、K-1グループ初の延期に=4.25後楽園

・【Krush】王者・佐々木大蔵、空手指導に”双方向”テレビ会議アプリが好評=新型コロナ対策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧