TOP > ニュース 一覧

【ONE】三浦彩佳、眼窩底骨折が完治でタイトル挑戦に意気込み

2020/05/30(土)UP

三浦彩佳(20年2月、眼窩底骨折する試合前の会見にて撮影)

 ONEに参戦中の三浦彩佳(29=TRIBE TOKYO MMA)がONEの電話取材に応じ、コロナ禍の中で動き始めた現在の状況、今後について語った。

 今年2月のシンガポール大会でティファニー・テオ(シンガポール)にTKO負けし、連勝ストップした三浦は眼窩底と眼窩壁の2箇所の骨折を負っていたが、現在ほぼ完治したという。

袈裟固めで攻める三浦(C)ONE Championship

 現在、練習ではハードなミット打ちやレスリングの練習をしており、練習方法、作戦、全てを所属ジムTRIBE TOKYO MMAの堀江コーチと決め、特に今はテイクダウンの入り方のバリエーションを増やしているという。

 プロデビューの頃、三浦にはメンタル面に不安定さが見られていたが、いつもほど良い距離にいてくれるという堀江コーチは練習だけでなくメンタル面のサポートも万全であり、心身ともに成長できた一因には周囲のサポートがあることもうかがえる。

「西内まりやに似ている」とSNS上で話題になったキュートなルックス(2016年撮影)

 また、高校時代からの友人である柔道の元日本代表・高木海帆(たかぎ・かいはん/カイハン・オズチチェク=タカギの名でオーストラリア代表になった)から勧められた、ある神社での階段ダッシュもトレーニングに取り入れたという。
「そこには沢山のオリンピック選手が足腰を鍛えるトレーニングをやっていて、良い刺激になります。世界を目指す人たちを見ながら、私も負けずに頑張ろうって気持ちにさせてくれます」と世界に目を向ける。

 三浦は、自身に勝利したテオとストロー級王者ション・ジンナン(中国)がタイトル戦を行なった場合は、ジンナンがKOか5R判定で勝つと予想。ジンナンのMMAは完成され、さらに気持も強く、テオが得意な打撃もジンナンのレベルの方が上だと分析する。

強い打撃力を持つ女王ジンナン(左)(CONE Championship

 テオとの再戦に向けても既に準備できているという三浦は「勝ちパターンのイメージは既にあって、あとはその通りに動けるかが鍵。同じ動きができるのであれば、それはジンナンにも通用するはずです」と自信を見せる。

 ジンナンへのタイトル挑戦についても「できれば、年末か年明けにやりたい。やるなら早くやりたいです。私自身、格闘技の人生がどれほど長いかわからないから。やるのであれば、集中して全てを賭けて挑みます」と強い口調で意気込みを語った。

●編集部オススメ

・【ONE】三浦彩佳が得意のアームロックで3連続一本勝ち

・“戦う西内まりや”三浦彩佳のビキニにブラジルのソウザがTバックで対抗=計量

・三浦彩佳が計量クリアー、水着で投げキッス(動画あり)

・【RIZIN】”筋肉女子”渡辺華奈、タンパク質は一般女性の3倍摂取、太らない食事法と筋トレ語る

・【柔道】阿部詩が道衣を脱ぎタンクトップ姿で表紙に、モデル&柔道家ビロディドも絶賛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧