TOP > ニュース 一覧

【TTF】空道王者・岩崎大河、山本”KID”推薦のスソンがMMAプロデビュー戦=6.27

2020/05/30(土)UP

対戦する、岩崎(左)とスープリス(右)

 6月27日(土)、長南亮率いるTRIBE TOKYO M.M.Aが主催する総合格闘技イベント『TTF CHALLENGE 08』の対戦カードが発表された。

  同大会は、新型コロナウイルスの影響を鑑みて、「PIA LIVE STREAM」で無観客ライブ配信が予定されている。「PIA LIVE STREAM」はチケットぴあが手掛ける動画配信サービスで、スマートフォン、パソコンで視聴可能だ。

 メインイベントでは、岩崎大河(22=大道塾/パラエストラ東京)がMMAプロデビュー戦、リカルド・スープリス(33=アメリカ/TRIBE TOKYO M.M.A)と対戦する。

重い右下段回し蹴りを放つ岩崎(左)

 岩崎は、少年時代から空道を始めて、日本人離れした骨格から繰り出される打撃を武器に、「2017北斗旗全日本空道体力別選手権大会」の最重量級(+260クラス)では185㎝、96kgの体格と鋭い打撃を生かし優勝、翌年も連覇し、19年には準優勝に輝いた実力者。近年、日本のMMAでは軽量級の選手が目立つ中、ミドル級(-93kg)の階級で参戦する。今回がMMAデビュー戦にして、メインイベントだ。

 対するスープリスはアメリカ出身の元軍人で、試合は8年のブランクがあるもののアーミー時代に鍛えた体とロングリーチを生かした鋭い打撃を武器としている。日本人と結婚した事を機に日本に移住して、日々トレーニングを重ね再デビューに至った。双方のパワーがぶつかり合う迫力ある試合となりそうだ。

代理戦争に参戦したスソン(左から2番目)

 また、格闘代理戦争のK-1で注目されたスソン(KRAZY BEE)がMMAでプロデビューする。
 スソンは、2015年ITF世界テコンドー選手権日本代表の実績を持ち、山本”KID”徳郁の推薦選手として、代理戦争に参戦。世界Jrテコンドー選手権大会U18組手-63kg級ベスト8の実力を持ち、変則的な蹴り技とスピードのある打撃を見せていた。 対戦相手は、ZSTやFightingNEXUSなどに出場するグラップラーのグレート真人ガーZ(マシン会)。埼玉の極め職人とも言われる。スソンの打撃と真人ガーの極め技の対決となる。

 ☆6.27 TTF CHALLENGEイベント情報はこちら 

●編集部オススメ

・【空道】19歳・岩崎が無差別王者・野村を下して初優勝

・格闘技の聖地・後楽園ホールは6月15日まで休館、7月9日までは無観客の方向

・【TTF】無観客試合をライブ配信、視聴チケットは「ぴあ」で発売=6.27 TTF

・RIZIN】朝倉未来のコラボ呼びかけに、ボクシング世界王者・京口紘人とラウェイ王者・渡慶次ら名乗り

・【ONE】才色兼備のスーパーモデルに参戦オファー、プロムエタイKO勝利の本格派

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧