TOP > ニュース 一覧

【ONE】新たな参戦ファイター、修斗世界王者、韓国巨漢戦士、アーツ弟子ら14名紹介

2020/06/04(木)UP

ONEに各国から王者クラスの参戦が発表、左からムラト・アイグン、箕輪ひろば、ミョン・ヒョンマン(C)ONE Championship

 新型コロナウイルスの影響により、今年3月から大会の延期・中止を続けているONE Championship(以下ONE)は、「コロナ禍から再開後にさらに飛躍した姿を世界中のファンに見せるため」とし、メジャー団体の王者クラスから期待の新鋭まで、新たに各国のトップファイター達と契約を行っている。

 総合格闘技においては、日本から修斗世界ストロー級王者・箕輪ひろば(総合格闘技道場STF)の参戦が決定した。箕輪はキッズ修斗を経て2015年11月にプロデビュー。2016年に修斗フライ級新人王と同年の新人王MVPを獲得した。今年1月に小巻洋平との4度目の対決を制し、第8代世界ストロー級王座を奪取。これまで11勝2敗の戦績を誇り、勝利は全てフィニッシュという驚異的な決定力を持つ。

箕輪(上)は今年1月に修斗ストロー級世界王座を奪取、ONE参戦の切符を手にした

 箕輪はONE参戦に当たり「僕はキッズ修斗から修斗の世界王者になって今回の契約を勝ち取りました。格闘技を志している全ての子供達に夢を与える事が僕の最大の目標」と意気込み。内藤のび太、猿田洋祐、佐藤将光に続く4人目の歴代世界王者としての参戦に期待が集まる。

 また重量級では韓国からミョン・ヒョンマンの参戦が発表された。ヒョンマンは身長190cm、体重120kgの巨漢ファイターで、総合格闘技では5勝(5KO)3敗1無効試合、勝った試合のKO率100%という戦績だ。その一方でキックボクシングのキャリアも豊富で、55勝5敗2分の好成績を残しており、Max FCヘビー級キックボクシングチャンピオンにも輝いている。

120kgのヒョンマンが150kgのクリス・バーネット(左)と打撃戦でKO勝利(17年8月)

 タフな戦いぶりから付けられた異名は「鉄のジェントルマン」。重量級のストライカーとして活躍が待ち望まれると同時に、立ち技部門のスーパーシリーズへの参戦も期待されている。

 その立ち技部門・スーパーシリーズへも期待のニューカマーの参戦が発表されている。

 まず名前が挙がったのはムラト・アイグン(オランダ)。K-1レジェンドのピーター・アーツの下でトレーニングをしており、ISKAおよびWFLのタイトルを持つ。これまでの戦績は16勝1敗。ライトヘビー級での参戦が予定されており、師匠譲りの爆発力のあるファイトが期待される。

ONEで活躍するペットモラコット(左)と同門・カピタンがONEムエタイバンタム級に襲来する(C)ONE Championship

 またムエタイ界からの刺客として、カピタン・ペッティディーアカデミー(タイ)の参戦が決定している。カピタンはすでにONEで活躍を見せているペットモラコット、ペッダムと同門のムエタイ戦士。ルンピニースタジアムおよびWPMFの王座を手にしたムエタイの超強豪の一角である。

 参戦予定の戦場はスーパーシリーズムエタイのバンタム級。140勝40敗1分の怪物レコードを引っさげ、群雄割拠のONEムエタイバンタム級に旋風を巻き起こすことが出来るか。

 その他、各国の王者級や無敗のルーキーなど、堂々たる顔ぶれが並んだONEの新規参戦ファイター。大会再開後には、新たな次元に達した戦いが繰り広げられることを期待したい。

ONE新規参戦ファイター紹介

<総合格闘技 参戦予定ファイター>

▼箕輪ひろば
https://www.instagram.com/hirobad/
修斗ストロー級世界チャンピオンであり、同チャンピオンからONEの頂点に立った猿田洋祐の歩みをたどることも期待される。戦績は11勝2敗。勝ち星は全てフィニッシュによるもの。うち8勝はサブミッション。

▼ミョン・ヒョンマン(Hyun Man Myung)
https://www.instagram.com/myunghyunman/
韓国のMax FCヘビー級キックボクシングのチャンピオンで、キックボクシング戦績は55勝5敗2分。総合格闘技の戦績は5勝3敗(1無効試合)。“鉄のジェントルマン”の異名を持つ。ライトヘビー級で、総合格闘技とスーパーシリーズ(立ち技部門)を並行しての参戦が期待される。

<スーパーシリーズ(キックボクシング/ムエタイ)参戦予定ファイター>

▼ムラト・アイグン(Murat Aygun)
https://www.instagram.com/murataygun88/
トルコ系オランダ人のキックボクサーで、ライトヘビー級に出場予定。戦績は16勝1敗で、国際競技空手協会(ISKA)、ワールド・ファイティング・リーグ(WFL)ヘビー級の世界チャンピオン。キックボクシングの伝説的存在、ピーター・アーツの下でトレーニングをしている。

▼カピタン・ペッティディーアカデミー(Capitan Petchyindee Academy)
タイのルンピニースタジアムと世界プロムエタイ連盟(WPMF)世界王者。ONEスーパーシリーズムエタイのバンタム級に出場予定。ムエタイ戦績は140勝40敗1分で、同門のペットモラコット・ペッティンディーアカデミーやペッダム・ペッティンディーアカデミーのように、世界タイトル獲得を目指す。

▶次ページは、その他10名の参戦予定ファイター紹介

●編集部オススメ

・箕輪ひろばがスリーパーで因縁対決を制し王座戴冠=2020年1月

・【ONE】MMA王座目指すムエタイ女王スタンプ、平田樹戦に興味

・【RIZIN】平本蓮、打倒・朝倉未来「僕の中では勝てる勢い」次戦MMA参戦へ

・UFC王者ジョン・ジョーンズが夜の街でデモ暴動を阻止、復興作業も指揮する

・修斗の”正規”王者・佐藤将光、”暫定”王者となった岡田遼を称賛、2人の対戦への期待

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧