TOP > ニュース 一覧

【Krush】高梨knuckle美穂、MIOとの対決辞さず「いつでもかかってこい」

2020/06/29(月)UP

会見に出席した高梨(C)Krush

 6月28日(日)東京・新宿FACEで開催された『Krush.113』の、一夜明け会見が29日(月)都内にて行われた。

 Krush女子アトム級(-45.0kg)王座を返上し、新たにミニマム級(48.0kg)での闘いで真美(Team ImmortaL)に判定勝利した、高梨knuckle美穂(27=Y’ZD GYM)が会見に出席した。

パンチを打ち込む高梨(右)

 試合内容としては、パワーと手数で圧倒したようにも見えたが、倒せなかったことに対して満足が行っていなかったようで「昨日の試合は一言で言うと悔しい試合でした。ミニマム級一発目で、倒してスタート切りたかったけど、悔しい試合になってしまいました」と昨日の試合を振り返る。

「帰って動画を見ても、もっと行けたのになっていう思いが強くて、凄い悔しいなって思います」という。反省点もあるが、勝因について聞かれると「コロナの影響であまり対人練習が全然できてなかった」と語るも、それが逆に良かった点もあると言う「ミットを持って色々やってもらって、良い距離感で闘えたのかな」と練習の成果が戦い方にも表れてきたとの実感もある。

高梨(左)が階級アップ初戦で勝利、MIOもリングに上がり祝福

 試合後に、MIOに対しての宣戦布告の際に、リングで対峙してみて「ミニマム級を盛り上げたいと言った時に、私もそういう気持ちなので、いい試合ができれば」と感じており「(試合は)いつでもやりたいです。いつでもかかってこいという感じです」と強気な一面を見せた。

 MIOの印象については、“テクニック”の凄みを感じているといい「私もテクニックで負けないようにシラー先生(ジム所属コーチ兼ムエタイ選手)に教わっているので、ムエタイの技を出しながら闘いたいです」と長年立ち技格闘技界で活躍してきた、MIOとのテクニック対決も辞さないという。

MIOにテクニックで立ち向かうという高梨(左)、蹴りの技術向上にも期待だ

 今後の目標としては「私がミニマム級のベルトを獲って、倒せる女子を見せて盛り上げたい」と力強く意気込み、「9月のK-1大阪大会、MIO選手と実現したら、必ず私が倒して勝って、ミニマム級の顔になるので、応援よろしくお願い致します」と意思表示した。

 高梨は戦績ではプロキャリアが5戦と、キャリア40戦以上を経験しているMIOには遠く及ばない。しかし、一撃必殺の拳には自信も持っており、対戦が実現した場合、いかにしてMIOに立ち向かうのか注目される。

 ※昨日の試合結果&レポート、写真はこちら

●編集部オススメ

・高梨knuckle美穂がミニマム級初戦で勝利、MIOに対戦要求「大阪大会でやらせてほしい」

・[前日計量]高梨knuckle美穂、階級アップ初戦は「KO一択です」

・KrushガールズにZENTレースクイーンのチャナナ沙梨奈が決定

・グラドル佐野マリアがラウンドガールに決定、バレー部出身の高身長ボディ

・昨日登場したKrushラウンドガールたち、キャシー凛をキャプテンにデビュー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧