TOP > ニュース 一覧

【K-1】武居由樹、カリスマ武尊の壮絶ファイトに「鳥肌が立つくらいカッコいい」

2020/07/03(金)UP

K-1を牽引する2人の王者、武尊(左)と武居(右)

 K-1 JAPAN GROUPでは、公式YouTubeチャンネルにて『◯◯が選ぶ他選手ベストバウト』の企画を配信している。

 この企画は、K-1やKrushで活躍している選手たちが、他選手の試合の中からベストバウトを選ぶというもので、7月2日には、第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者・武居由樹(23=POWER OF DREAM)が登場した。

強烈なヒザ蹴りを繰り出す武尊(右)

 武居は、軽やかなステップでK-1軽量級最強と評されるハードパンチャー。昨年の両国大会で参戦した「K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」を全試合KO勝利で制覇するという快挙を成し遂げて、改めて最強を証明した。2015年に西京春馬に判定負けを喫して以来、22連勝中と好調をキープしている。

 そんな武居が選ぶベストバウトは、2013年5月12日 (日)東京・後楽園ホールで行われた『Krush.28』のメインイベント[Krush -58kg級初代王座決定戦 3分3R延長1R]。武尊(チームドラゴン/※現在はK-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vs寺戸伸近(Booch Beat/ISKA世界バンタム級王者)の試合だ。

激しく打ち合う武尊(左)と寺戸(右)

 この試合は、寺戸が島根県出身、武尊が鳥取県出身ということで“山陰対決”と話題を呼び、それぞれの県のご当地キャラが応援に駆けつけたり、山陰地方の地元新聞に大きく取り上げられたりと出身県を巻き込んでの盛り上がりとなった。

 試合は1Rから白熱した打ち合いが展開される。武尊が残り1分で突如としてパンチのラッシュで打ち合いに持ち込み、寺戸も待っていましたとばかりにフルスイングで打ち合い会場が爆発。武尊が飛び込むような右フックでダウンを奪う。この時の展開を武居は「両方(パンチを)もらっているんですよ。普通は効いていると休もうとするけど、寺戸選手が打つんですよ」と振り返る。

武居もKrush-53kgのベルトを巻いている

 2Rも両者激しく打ち合う中、武尊は楽しそうに笑いながらパンチを打ち、パンチをもらう。寺戸のパンチとヒザ蹴りで武尊は大量の鼻血を出すが、それでも正面からパンチで打ち合い、ヒザ蹴りも返す。3Rには両者が足を止めての打ち合いとなり、武尊がクリーンヒットを奪って寺戸をコーナーへ追い詰める。左右フックで追い込む武尊に寺戸も必死の反撃。
 壮絶な試合の結末は、1Rにダウンを奪った武尊が判定3-0で勝利し、王座に輝いた。

 この試合を見た武居は「鳥肌が立つくらいカッコいいなと思いました。この試合を見て僕もKrushで戦いたいと思ったし、尊敬する試合です。武尊選手はガンガンいく選手で、寺戸選手もガンガンいくので、どっちが倒れてもおかしくないと思っていました」と印象に残っている試合だと話す。

武居(右)はステップで動き回り、上下の打ち分けを得意としている

 武居のファイトスタイルとしては、ステップを使ってリングを自在に動き回り、魔裟斗が“鉄の拳”とも称賛する、強烈なパンチを当てる技術が持ち味だ。これまでの試合を見ても、相手の動きをよく見てカウンターのフックやアッパー、ボディと打ち分け、攻められると華麗に攻撃をかわしている試合が多い。

 自身の戦い方と正反対な部分も多い、この試合を見た武居は「このような試合をやってみたいですか」と聞かれると「難しいんですよね(笑)やりたいけどやりたくないですよね。格闘家としては、やりたいです」と語る。

武尊が初のタイトルを獲得した際の写真

 最後まで前に出て、足を止めて打ち合う両者には「本当にすごいですよ。(打たれても)また前に出て行きますから。両方パンチを貰って、効いていますよ。でも疲れてきても打ちますから。お互いチャンピオンになろうという気持ちが見える試合ですね。狂っている」と圧倒されたという。

 武尊にとっては初めてのタイトル獲得で、この試合に対する思い入れは大きかったようで、当時リング上では「Krushは僕にとって夢の舞台だったので、そのベルトを獲れて嬉しい。21年間生きてきて、最高の幸せです」と喜びを語っていた。

 現在、武尊はスーパー・フェザー級、武居はスーパー・バンタム級と、お互いに階級は違うが共にK-1の舞台を盛り上げ、牽引する王者としてトップに君臨している。2人の今後の戦いに注目だ。

▼武居由樹が他選手ベストバウトを選出する

●編集部オススメ

・[武居が語った白熱の1戦]武尊vs寺戸の試合レポート&写真

・武尊が月間MVPに、インタビューで熱き思い語る(2013年5月度)

・【K-1】ロンハー出演グラドルの小島みゆ決定で、今年度ラウンドガール6名全員揃う

・【K-1】武居由樹が衝撃の3連続KO勝利でスーパー・バンタム級トーナメント優勝(動画あり)

・芦澤竜誠が復帰決意か、本気の練習開始「カムバック トゥ K-1」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧