TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】連勝を狙う矢地祐介、相手は“柔術界の至宝”ソウザ「テンション上がる、噛み合う」

2020/07/09(木)UP

対戦が決まった矢地(左)とソウザ(右)

 8月9日(日)と10日(月)に横浜・ぴあアリーナMMで開催される『RIZIN.22』と『RIZIN.23』の対戦カード発表記者会見が、7月9日(木)都内にて行われた。

 9日の『RIZIN.22』では、[RIZIN MMAルール(-71.0kg)5分3R※肘無し]で、矢地祐介(29=KRAZY BEE)が、ホベルト・サトシ・ソウザ(30=ブラジル/ボンサイ柔術)と対戦する。

ハイキックを蹴る矢地(右)

 矢地は、2016年末にRIZINデビュー以降、5連勝を果たして活躍が期待されたが、一転して3連敗。しかし、背水の陣で挑んだ昨年末の上迫博仁とのサバイバルマッチでは、最終RにサッカーボールキックでKO勝利して、復活をアピールした。

会見で意気込みを語る矢地

 対するソウザは、ブラジリアン柔術の世界選手権で金メダルを獲得した実績を持ち、2013年に総合格闘技デビュー。RIZIN初戦は、19年の4月に北岡悟と対戦して、TKO勝利。ライト級トーナメントに出場したが、10月の1回戦ではジョニー・ケースに敗れてキャリア初黒星を喫した。

 意気込みを求められた矢地は「こんな状況の中で試合をやることは、色んな声があると思います。でも、ぼくたち選手はやるからには少しでも皆さんに元気を届けられたらなと思うので、当日は精一杯戦います」と意気込みを語る。

強烈なサッカーボールキックで復活をアピールした矢地(右)

 対戦相手のソウザについては「すごく良い選手で今日本人同士の対決しかない中で、個人的にテンションの上がるカードだと思います。強い選手ですし楽しみです。噛み合うと思います」と好勝負を予感させるコメント。さらに「あとクラウドファンディング、ぜひ皆さん支援よろしくお願いします」とメッセージを送った。

 対するソウザは「私は試合で見せたい。みんなは、まだ私のことを信じてないところもあるから、試合で見せるから」と意気込む。

下から腕を極めにかかるソウザ(右)

 敗戦も経験して、格闘技から離れたいということも話していたソウザだが「あの負けた試合は恥ずかしいけど、負けたのはしょうがないです。次の試合は、一番大事な試合。2~3年くらいでやめたいと思っていたけど、モチベーションが変わった。全部いい試合を見せて世界一になりたいと思うようになった」と今後についても熱く語った。

●編集部オススメ

・【RIZIN】ケイプ返上のバンタム級王座戦に朝倉海vs扇久保博正

・【RIZIN】メイウェザー再び来襲なるか、榊原CEOが可能性について語る

・【RIZIN】浅倉カンナ、古瀬美月と対戦「しっかり自分が壁になる」(浅倉)

・【BELLATOR JAPAN】矢地祐介、逆転のサッカーボールキックKOで連敗脱出

・【RIZIN】矢地祐介がブルース・リー技術で必殺技誕生か、YouTubeが100万再生越えの大反響(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧