TOP > ニュース 一覧

【K-1】MIOのK-1初陣が決定、ハードパンチャー高梨knuckle美穂に「相手にならない」と余裕のコメント

2020/07/17(金)UP

対戦が決まったMIO(左)と高梨(C)K-1

 7月17日(金)都内にて記者会見が行われ、9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪で開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』の第1弾対戦カードとしてMIO(25=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vs高梨knuckle美穂(27=Y’ZD GYM)という、K-1女子注目の一戦が発表された。

 昨年8月にK-1参戦を電撃発表して以来、K-1初戦の時期や対戦相手に注目が集まっていたMIOだが、大舞台でいきなり強豪と対戦することになった。

昨年8月のK-1大阪大会で、K-1への電撃参戦を発表したMIO

 2011年にシュートボクシング(SB)でプロデビューしたMIOは、初代SB日本女子ミニマム級王座、Girls S-cup48kgアジアトーナメント2016王座、Girls S-cup 48kg日本トーナメント2015王座などを獲得、長らくRENAに次ぐSB女子の顔として活躍した。
 18年にAbemaTV『格闘代理戦争3rdシーズン』で総合格闘技に挑戦した後、昨年7月に引退を発表したが、翌月K-1大阪大会のリングに登場し、K-1への参戦を表明。それから約1年、K-1ファイターとなるべく練習を重ね、今回が満を持してのK-1デビュー戦となる。

強烈なパンチを打ち込む高梨

 対する高梨は2018年9月の『KHAOS.6』でプロデビューすると、”knuckle”の異名通り、女子ファイター離れしたパンチ力でいきなり頭角を現し、キャリア3戦目で第2代Krush女子アトム級王座を獲得した。

 タイの強豪相手に初防衛に成功すると、2020年6月のKrush新宿大会よりタイトルを返上して、女子ミニマム級に転向。この試合で真美からダウンを奪って勝利すると、会場にいたMIOに9月のK-1大阪大会での対戦をアピール。“Kの牙城”を死守すべく、実績で上回るMIOを迎撃する。

 会見では、中村拓己K-1プロデューサーが「輝かしい実績を持つMIO選手がK-1のリングでどんな試合を見せるのか楽しみ。K-1初参戦の高梨選手は、プロ無敗で女子選手とは思えないハードパンチャー。女子の新しい階級を切り拓いていく試合を期待したい」と、話題性以上の好勝負を期待するコメントを寄せた。

(C)K-1

 また、K-1初戦に臨むMIOは「すごくドキドキしています。デビュー戦くらいの、チャレンジする気持ちでいきたい」と早くも意欲を見せ、相手の高梨に対しては「すごいパンチ力のある選手だなと思いましたが、テクニック的には相手にならないかな」とキャリアの違いからくる余裕のコメント。

 この発言に対し、高梨も「私のほうが上だと思っているので、試合で分からせます」と気の強さを見せ、「キャリアとかまったく関係ないと思ってるんで、ぶっ飛ばすつもりで試合は勝たせてもらいます」と、こちらも必勝をアピールした。

 決戦前の舌戦から激闘の予感大。中村プロデューサーのコメント通り、女子の新階級ミニマム級の魅力をアピールする一戦になるか?

●編集部オススメ

・高梨knuckle美穂がミニマム級初戦で勝利、MIOに対戦要求「大阪大会でやらせてほしい」

・高梨knuckle美穂がMIOとの対戦視野か、ベルト返上

・【KHAOS】新ラウンドガールに「恵比寿マスカッツ」メンバーら、人気RQ3名が決定

・【K-1】ロンハー出演グラドルの小島みゆ決定で、今年度ラウンドガール6名全員揃う

・【シュートボクシング】女王MIOが計量クリアー「今年のMIOは違うぞ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧