TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井上尚弥いとこ井上浩樹が引退表明、第2の人生はアニメ業界希望

2020/07/17(金)UP

井上尚弥(右)のいとこの井上浩樹(中央)が、16日日本王座から陥落、翌17日(本日)引退を発表した。写真は19年4月、日本タイトルを獲得した井上浩樹

 7月16日(木)に後楽園ホールにて行われた日本スーパーライト級タイトルマッチでは、井上尚弥のいとこで、王者・井上浩樹(28=大橋)が永田大士(30=三迫/同級1位)に7R2分17秒、TKO負けを喫し、2度目の防衛に失敗。翌17日の本日夜、自身のSNSで引退を表明した。

 浩樹は、ツイッターの自己紹介にこれまで自身のボクシングの実績を書いていたが、今日17日には「ボクシングやってました」に変わっており、再起か引退か、今後の動向が注目されていた。そこで編集部では「引退示唆」として報じたが、その直後に自身のSNSにて引退を発表した。

アニメ『BanG Dream! (バンドリ!)』のはっぴを着る井上浩樹

「本日、会長に自分の意思を伝え引退する事になりました。 応援してくださった方々、本当にありがとうございました。 二度と後悔をしないよう、第2の人生歩んでいきます。」と短く綴った。

 これまでの戦績は16戦15勝(12KO)1敗。今回がプロ初黒星だった。

 アニメオタクとしても知られる浩樹は、7月9日に公開された八重樫東のYouTubeチャンネルで「引退したらアニメ業界に入りたい」と語っていた。昨年4月に日本王者に輝いた際はアニメ関係者から祝福が相次いでいた。今後はボクシング界からアニメ界への転向も考えられる。

▼井上浩樹が、引退したらアニメ業界と語っている八重樫のYouTube(6分50秒前後)

●編集部オススメ

・井上浩樹がTKO負けで引退示唆、今後は再起かアニメ業界か

・アニオタ井上浩樹の王座獲得にアニメ関係者ら祝福

・尚弥のいとこ 井上浩樹が日本王座奪取、世界を意識「すぐ練習再開する」

・【テレビ】八重樫東ら出演”王者ら育てた両親のぶっ飛び教育法”を紹介=7.19よる

・【空手】極真の大会が始まって今日で50年、第1回王者・山崎照朝氏が語る極真ルール誕生秘話

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧