TOP > ニュース 一覧

【ZST】天心とも戦ったラウェイ王者・浜本“キャット”雄大がMMAデビュー「挑戦し続けて何が悪い、必勝!」

2020/08/06(木)UP

キック界で名を馳せた浜本キャットがMMAに殴り込み(@zst_infoより)

 8月30日(日)東京・GENスポーツパレスにて開催される『ZST.68』の追加対戦カードが発表された。
 元WPMF日本スーパーバンタム級王者・浜本“キャット”雄大(30=クロスポイント大泉)の総合格闘技(MMA)デビューが発表された。対戦相手は東北の格闘技団体『BRAVE』のグラップリング王者・歌川大輔(40=オーガフィスト)。フライ級の一戦(5分2R)で行われる。

 浜本はボディ打ち、ヒザ蹴りを得意とするキックボクサー。17年6月に”世界で一番過激な格闘技”といわれるミャンマーラウェイのILFJ(インターナショナル・ラウェイ・フェデレーション・ジャパン)認定ラウェイ王座を獲得。さらに同年11月にはWPMF(世界プロムエタイ連盟)日本スーパーバンタム級王座を獲得した。

浜本に三日月蹴りを突き刺す那須川=17年大晦日

 その勢いのまま、同年大晦日のRIZINで行われた『RIZIN KICKワンナイトトーナメント』に参戦。しかし那須川天心に2RKO負けを喫した。

 さらに若手トップの笠原弘希や安本晴翔などと対決し連敗、前戦は昨年9月でドローとなっている。「格闘技はしばらく休む」と宣言していたが、練習や渡辺華奈の所属するFIGHTER’S FLOWでの出稽古等は続けていた。

 今回がMMA初戦の浜本だが、今年3月には元ZSTフライ級王者・伊藤盛一郎との対戦が決まっていた。しかし新型コロナウイルスの影響で試合は中止、仕切り直しのデビュー戦となる。

素手での強烈な左ボディで、相手をくの字にさせる浜本

 相手の歌川はキックボクシングをベースにZSTで活躍するファイター。本人のSNSによるとMMA戦績は4勝5敗と負け越しているが、18年には東北の格闘技団体『BRAVE』のグラップリング王者に輝き現在も防衛中と、グラウンド力に秀でている。

 浜本はSNSで、DEEPフライ級王者・神龍誠、Fighting NEXUSバンタム級王者・渡部修斗らトップファイターたちとの練習写真をたびたび投稿。MMA最前線の練習場で揉まれているようだ。今回の試合に向けて「挑戦し続けて何が悪い。必勝!」と気を吐いている。
 キック、ラウェイに続きMMAへと挑戦する浜本は、デビュー戦を勝利で飾ることが出来るか。

<決定対戦カード>

▼フライ級 5分2R
浜本‟キャット”雄大(クロスポイント大泉)
vs
歌川大輔(オーガフィスト)

▼ストロー級 5分2R
川元敬吾(リバーサルジム東京スタンドアウト)
vs
藤田黎(ストライプル新百合ヶ丘)

▼バンタム級 5分2R
金井塚信之(フリー)
vs
諏訪部哲平(和術慧舟會駿河道場)

▼バンタム級 5分2R
二之宮徳昭(クロスワンジム湘南)
vs
上田直毅(パラエストラ東京)

▼ライト級
西尾真輔(総合格闘技宇留野道場)
vs
徳野"一心"一馬(UBF)

●編集部オススメ

・【RIZIN】那須川天心が飛びヒザ蹴りで浜本をド派手にKO

・【テレビ】那須川天心がUFC特番に初ゲスト出演、サンピエールの激戦を語る=8.9WOWOW

・【RIZIN】皇治、那須川天心戦に「挑戦しないと意味が無い、上のヤツを食うためにやってきた」

・【KNOCK OUT】地上最も過激な格闘技・ラウェイの渡慶次が初参戦、NKB釼田と“KO必至”のバトルへ

・【Krush】堀井翼vs金子大輝、反則”股間蹴り”決着の再戦が決定「10秒で終わらせる」(堀井)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧