TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】江幡塁が親友・三浦春馬に捧げる勝利「輝き続けることが一番(春馬が)喜ぶ」

2020/08/09(日)UP

バッティングで負った傷が痛々しい江幡がインタビューに応じた

 8月9日(日)神奈川・ぴあアリーナMMにて開催された『RIZIN.22』の第5試合(RIZINキックボクシングルール ※肘無し)で、植山征紀(龍生塾ファントム道場)に勝利した江幡塁(伊原道場本部)が試合後のインタビューに応じた。

 両者流血の激戦となった一戦。左フックをヒットさせ前進する植山からワンツーでダウンを奪取し、最後まで冷静に試合をコントロールした江幡が判定勝利をもぎ取った。

試合後、リング上で親友の故・三浦春馬について語る江幡

 江幡は植山について「前に出てきてくれた」とそのファイトスタイルを評価。ヒジを使えないRIZINキックルールでは、ヒジのある所属団体の新日本キックボクシング協会における試合よりも距離が近づきやすいことに触れると「こういう距離感で攻めてくるんだ」と驚きがあったことを明かした。

 その上で今回のRIZIN2戦目を振り返ると「(RIZINキックルールの)ヒジ無し2試合やって、RIZINでの戦い方も勉強できました。RIZINで戦いながらキックボクシング、ムエタイの両方に挑戦したいと思います」と、今後も所属団体の新日本キックボクシング協会が掲げる”打倒ムエタイ”をにも邁進すると宣言した。

この右ストレートで江幡がダウンを奪う

 話は試合後のリングでの発言に及ぶ。親友・三浦春馬の突然の訃報を聞いた当時は「精神状態も体もパニック状態」と練習すらできなかったというが、江幡は「少し休んだけど、すぐ切り替えようと数日で練習を再開しました」と試合に向けて気持ちを取り直したという。昨年大晦日は兄・睦と3人で入場。幼少期から夢を語り合った親友に向け「輝き続けることが一番(春馬が)喜ぶ」と、兄とともに戦う姿勢を見せた。

昨年大晦日、江幡塁(中央)と兄・睦(右)と共に入場する三浦春馬

 その輝きは兄弟のみならず、観客にも向かう。リング上で江幡が挙げた「一燈照隅万燈照国(いっとうしょうぐうばんとうしょうこう)という言葉。一つの灯りでは隅しか照らせないが、万に集まると国を照らせるという意味を持っている。江幡は「僕たちひとりひとりが輝くのも大切」と選手が輝くことが大切としながら「今日見てもらった5,000人(の観客)が頑張ろうと思ってくれれば」と、その輝きが観客やファンに広がっていくことを期待した。

 親友に関する多くの質問が飛び交った記者会見中、江幡は常に背筋を正し、真摯な受け答えを見せた。目指すは兄・睦とのRIZIN同時参戦。次の戦いでさらなる輝きを見せてくれることを期待したい。

●編集部オススメ

・[今回の試合]江幡塁、ダウン奪取で植山征紀を降す

・江幡睦と塁が親友・三浦春馬を追悼、10年前にも共にリングイン

・江幡塁が親友・三浦春馬との”約束”貫く、SB王者・植山征紀と対決

・【RIZIN.22】試合結果速報=2020年8月9日

・【RIZIN】大会のテレビ放送・配信スケジュール=8.9/8.10横浜・ぴあアリーナMM

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧