TOP > ニュース 一覧

【Road to ONE】元両王者の猿田洋祐と内藤のび太が激突 ”勝って王者パシオに挑戦する”

2020/08/17(月)UP

対戦が決まった猿田(左)とのび太(右)

 9月10日(木)に東京・渋谷のShibuya O-EASTで開催される、『Road to ONE:3rd TOKYO FIGHT NIGHT』の対戦カード発表記者会見が、8月17日(月)都内にて行われた。
 今大会は、新型コロナ感染症の影響を受けて、日本人対決のカードが組まれることになった。

『Road to ONE』は、日本独自の興行として開催され、今大会で3度目となる。1度目は、昨年9月に翌月のONE日本大会に繋がるマッチメイクとして実施。2度目は新型コロナウイルス下で、選手に活躍の場を提供する意味で、今年の4月に行われた。

会見に出席した猿田(左)とのび太(右)

 今大会はTVマッチを軸に、数百人の観客を入れた上での開催を予定しており、世界中で放送されることになっている。

 コーメインイベント(セミファイナル)では、[ストロー級ワンマッチ]で、ONE世界ストロー級1位の猿田洋祐(33=和術慧舟會HEARTS)が、同級2位・内藤のび太(36=パラエストラ松戸)ストロー級ワンマッチと対戦する。

 内藤は第2代、第4代ONE世界ストロー級王者、猿田は第6代同級王者の肩書を持っており、今回は日本人ストロー級最強決定戦ともいえるカードだ。現在ONE世界ストロー級王者は、ジョシュア・パシオ(フィリピン)であり、そのタイトル挑戦に向けての戦いとなる。

強烈なパウンドを打ち下ろす猿田=昨年10月

 猿田は、自身が修斗で、フライ級からストロー級に落としたきっかけが、のび太と戦うためであったと明かした上で、「コロナの影響で、なかなか海外で試合が出来ない状況になったからこそ実現したカードだと自分は思っています」との認識を話す。

 戦うことになったのび太については、「(自分が)タイトルに近づくことが出来ずにいた時に、のび太選手を見て凄いと思いました。負けなしでチャンピオンまで、駆け抜けてONEでも活躍している。自分は勝ち負けを繰り返して、上がってきたので、羨ましい気持ちというかこの選手に勝つことで救われる気持ちがあるので、ずっとやりたいと思っていました」と、待ちわびた対戦であったと熱弁する。

 また、「のび太選手に勝つことによって(現王者の)パシオ選手への挑戦権を獲得できることになると思うので、勝って壁を超えて日本代表として、日本ストロー級ナンバーワンとしてパシオ選手に挑戦したい」と、この試合に懸ける意気込みを語った。

パウンドを浴びせるのび太=昨年11月

 対するのび太は、非常に落ち着いた表情で「ランキングで自分より上の選手と戦えるということで、嬉しく思っています。期待の応えられる試合ができればいいなと思っています」と意気込みを語る。

 試合が決まった時期については、新型コロナの影響で、海外で試合が出来ないことも鑑みた上で「これ以上ないタイミング」との見解を述べる。「日本で試合できることはとても嬉しいです」とワクワク感をにじませた。

●編集部オススメ

・【ONE】修斗王者・猿田洋祐がパンクラス王者・北方大地をパウンド一撃で失神KO

・【ONE】元王者・内藤のび太、アレックス・シウバとの3度目の対戦に競り勝つ

・【Road to ONE】青木真也、江藤公洋との対戦に「感情を揺さぶる良い表現が出来たら」

・青木真也は二人いる? 一瞬でプロレスラーからMMA解説者への変化に”別人すぎる”

・【KNOCK OUT】9.13ラウンドガールに青山ひかる他、ダイナマイトボディのグラドルら6名決定(写真21枚)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

新着情報


TOP > ニュース 一覧