TOP > ニュース 一覧

ロッキー川村が「ランボー川村」に改名、ロッキーの爆死が理由

2020/09/02(水)UP

ランボー川村となり、映画「ランボー」のコスプレをする川村

「ロッキー川村は爆死した。そして地獄の底から悲しい男ランボー川村が帰還した。覚えておけよ、ここでは俺が法律だ!!!」

 元パンクラス王者でもあるロッキー川村が、ランボー川村に名前を変えると編集部に答えた。川村は16年7月のハードヒット千葉大会よりロッキー川村と名乗ってきたが、次もまたシルベスター・スタローン主演の「ランボー」と来た。

大仁田に電流爆破され、爆死するロッキー川村

 8月30日から自身のSNSで「地獄から生まれた悲しい男、それがランボー川村だ!トラウトマン大佐!!戦いは終わってないんだ」と映画のセリフを交えて綴っていた。当初、ネタかと思っていたが、編集部にそう答えたとあって本気のようだ。

 理由は川村が言うように爆死。8月30日に佐藤光留デビュー20周年記念大会にボクシンググローブをはめたロッキー川村が「電流爆破バット6人タッグデスマッチ」に参戦、大仁田厚らに奮闘した川村だったが、そこで大仁田厚が爆破バットを川村にフルスイングすると、通常より5倍の火薬量で激しく爆発。

大仁田の電流バットに挑むロッキー川村

 半失神状態の川村をカバーして9分24秒、3カウントが入りロッキー川村は敗北、そして爆死した。

 プロレスのみならず、格闘技にも参戦している川村だが、パンクラスの北岡悟はツイッターで「名前はなんでもいいや 練習は宜しくお願いします」と書き込むと、ランボー川村は「Yes.sir!!」と返していた。

●編集部オススメ

・ロッキー川村が右ストレートでTKO勝利

・【KNOCK OUT】ロッキー川村がKO負け、吉野はデビュー4試合連続KO勝利

・【DDT】宇野薫の路上プロレスデビュー戦に電流爆破の洗礼、大仁田勝利し引退危機を脱す

・大仁田厚、7度目の引退試合後もファンと2ショットの列、プロレスラーとして最後の別れ

・【RIZIN】朝倉未来が9月参戦へ「あとはファイトマネーと強い対戦相手」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース 一覧