TOP > ニュース 一覧

【UFC】2階級制覇のダニエル・コーミエが正式引退「これ以上戦うつもりはない、今が潮時だ」

2020/09/04(金)UP

UFC2階級制覇のダニエル・コーミエ。8月16日のミオシッチ戦を最後に、11年間のMMAキャリアに終止符を打った。Photo by Josh Hedges/Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

 元UFCヘビー級&ライトヘビー級王者のダニエル・コーミエ(41=アメリカ)が正式に引退したことを明らかにした。

 コーミエは8月31日放送のESPNの番組「DC&HELWANI」に出演。「これ以上戦うつもりはない。ドアを閉める様な気持ちだ。終わったんだ。悲しい気持ちはないが、これからトレーニングキャンプやファイトがないと考えると寂しい。しかし、今が潮時だ」とコメント。これまで長く現役を続けてきたのは王者になるためだったとし、それを実現するには41歳の年齢で既に限界に達したと、引退の理由を説明した。

 アマチュアレスリングで数々の成績を残したコーミエは30歳にして総合格闘技デビュー。ストライクフォースでアントニオ・シウバやジョシュ・バーネットなど強豪を次々と倒し、34歳で無敗のままUFCデビューした。

ラストマッチとなったミオシッチ戦の当日、会場へ向かうコーミエとチームメイト(コーミエのTwitterより)

 以降、15年ジョン・ジョーンズのライトヘビー級王座に挑戦し判定負けしたが、それからは無敗のままライトヘビー級、ヘビー級と二階級を同時戴冠した(17年にジョーンズにKO負けで王座陥落も、ジョーンズは禁止薬物で失格しコーミエが再び王座に就いた)。
 そのオールラウンダーな強さ以外にも、ライトヘビー級でのジョーンズとのライバル関係やヘビー級王者スティーぺ・ミオシッチ(37=アメリカ)との因縁で注目され、8月16日開催の『UFC 252』でミオシッチにタイトル挑戦したが、判定3-0で敗北した。

 現役選手ながら、MMA解説者としても高い評価を受けており、引退後は解説者やコーチ業で活躍する事が早くも期待されている。

●編集部オススメ

・【UFC】ダニエル・コーミエが引退を示唆「凄まじい旅だったよな」

・【UFC】ミオシッチ、コーミエとの決着戦を制し王座防衛

・【UFC】ダニエル・コーミエ、コーチから引退勧告「すでに偉大な業績を残した、もう戦う必要ない」

・【UFC】コーミエが初回KO勝ちで二階級制覇を達成、試合後はレスナーと一触即発に

・【ゲーム】UFCゲームに最新作、ダナ・ホワイト「最高傑作だ」予約特典にボクシング世界王者も(動画有り)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧