TOP > ニュース 一覧

【K-1】TETSU「僕が勝てる時は、楽しむ時」東京での出稽古で進化実感

2020/09/07(月)UP

パンチを打ち込むTETSU(C)K-1

 9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪で開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』の[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で西元也史(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と対戦するTETSU(月心会チーム侍)が公開練習を行った。

 TETSUは、フェザー戦線で、18年の12月から3連勝を飾り、19年6月には江川優生の持っていたKrushフェザー級の王座に挑戦(1R KO負け)したこともある実力者。今年からスーパー・フェザー級に階級を上げて、初戦となった7月のKrushでは提髪和希に判定勝利し、復活を果たした。今回は、地元の大阪で2連勝を狙う。

(C)K-1

 前回のKrushでの戦いは、自身でも納得がいっていなかったようで、「K-1大阪大会には出られると思っていなくて、試合が決まった瞬間びっくりして、ここで練習の成果を見せなければいけない、頑張ろうという気持ちになりました」と、予想外のオファーでモチベーションは上がったようだ。

 今回、対戦する西元は勝った試合が全てKO勝利という破壊力満点の選手だ。TETSUは「西元選手の印象は強い。デタラメで強いというか、技の形が綺麗かどうかと言われたら、決して綺麗ではないけど、人間的な強さがある」と認める部分はあるが、「穴はいっぱい見つけられた」と、攻略に自身を覗かせる。

(C)K-1

 今回の試合に向けて、TETSUは、東京に赴いて出稽古を敢行。「色んな選手の技術や強いポイントを少しでも吸収して、自分が成長できるように意識していて、東京でもいろんな選手がいて、K-1にない技術もあって、技術・知識をいっぱい吸収できました」と手応えを感じている。

 TETSU自身、自分の強さは試合を楽しもうとするところから来ていると分析しており、「ちょっと気負うこともあるんですけど、周りからは『とにかく楽しんでこい』と送り出されました」と、周囲からもその通りの言葉を投げかけられたようだ。

(C)K-1

 さらに「僕が勝てる時というのは試合を楽しんでいる時。逆に僕が負けた試合というのは気負っていたり慎重になっている時です。だから、今回は全力で楽しんでやろうと思っています。実は今回一番大事にしているのは入場で、K-1にない入場を僕がやって、それが成功すれば試合も成功すると思っています。とにかく試合を楽しむ。入場から試合を楽しくやろうと思っています」と、自身の魅力を存分に出して戦えば、自ずと結果はついてくると語った。

☆9.22 K-1大阪大会 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【K-1】MIOが挑発の高梨に真っ向勝負宣言「パワーでガツンと倒せたら最高」=9.22大阪

・ライト級転向の朝久泰央「恐怖を植え付けるような試合したい」=9.22大阪

・加藤久輝、杉本仁は”パワー不足”「1発狙い、ぶっ倒すのが僕の理想」

・”女大好き”鵜澤悠也、2連続KO勝利で優勝「KHAOSガールズと食事会したい」

・K-1復帰の才賀紀左衛門がTOKYO FMに出演=9.12よる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧