TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】壱をKOした小笠原瑛作、次戦は前回KOした宮元戦を見据え「挑戦者のつもりで」=王座決定T

2020/09/14(月)UP

壱を1R KOしトーナメント準決勝に進出した小笠原瑛作(KNOCK OUT YouTubeチャンネルより)

 9月13日(日)東京・後楽園ホールにて行われた『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.2』の一夜明け会見が、14日都内にて行われた。

 第2部セミファイナル REBELS-RED 55.5kg級王座決定トーナメント 1回戦で壱・センチャイジム(センチャイムエタイジム)を1RKOで下した小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)が会見に出席した。

 小笠原は戦前予想を振り返り「早い段階では倒せない、3Rかかると思ってました」と想定し「3Rまでにローを効かせてフィニッシュできたらいいかな」と長期戦の構えだったことを明かした。

小笠原のパンチに崩れ落ちる壱

 蓋を開けてみれば「下の階級から上げてくるので、フィジカルに差はあった」という点は予想通り。一方で「壱は前に来ないと思っていた」と、壱の戦略はカウンター狙いという予想は外れており「前に出てきたときに焦りはあった」という心境を明かした。

 壱に勝利したことで、REBELS-RED 55.5kg級王座決定トーナメントの準決勝進出者が4名が出揃った。小笠原に加え、実兄の小笠原裕典、KING強介、そして今大会で栗秋祥梧に完勝した宮元啓介の名が並ぶ。準決勝のカードは発表されていないが、誰と誰が対戦するのか。

準決勝進出が決まり笑顔を見せる小笠原

 小笠原と宮元は2016年12月『KNOCK OUT vol.0』で対戦。このときは3Rに小笠原が強烈なハイキックで宮元をKOしている。あれから約4年。小笠原は「この数年で僕も宮元選手も変わっている。自分としては挑戦する気持ちでいたいし、挑戦していかないと足下をすくわれる。前回の勝ちは考えずに、一から作っていきたい」と過去の結果にはとらわれない心構えでトーナメントに臨む姿勢を見せた。

●編集部オススメ

・[今回の試合]小笠原瑛作が壱センチャイジムを1Rで粉砕

・小笠原瑛作、壱の“瑛ちゃん”呼ばわりに「仕留めます!」=前日計量

・[同日の試合]小笠原と再戦の可能性がある宮元啓介が快勝(記事下段)

・【RIZIN】榊原代表がRENAに出場呼びかけ「この場を借りて公開プロポーズします」

・“日本人最強”を証明した日菜太、改めて世界最強との一戦を熱望

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧