TOP > ニュース 一覧

【K-1】サイバーエージェントと出資契約を締結「“100年続くK-1”を目指していきます」

2020/09/18(金)UP

株式会社M-1スポーツメディアと株式会社サイバーエージェントと出資契約を締結

 K-1やKrush、KHAOS等を運営する株式会社M-1スポーツメディアは、テレビ&エンターテインメント「ABEMA」を運営する株式会社サイバーエージェントと出資契約を締結することを発表した。

 ABEMAは開局以来「K-1 WORLD GP」、「Krush」、「KHAOS」が生中継されており、今年3月に開催された『K’FESTA.3』はABEMAの全スポーツ中継で歴代最多の視聴数を記録。格闘リアリティ番組「格闘代理戦争」ではK-1協力のもと3シリーズを実施するなど、K-1に関連したオリジナル番組を含む様々なコンテンツが配信され関わりが深い。

特別マッチでアンチと対決する芦澤(C)ABEMA

 また、9月22日(火・祝)には『ABEMA PPV ONLINE LIVE(アベマ ペイパービュー オンライン ライブ)』にて行われる、K-1 JAPAN GROUPによるオンライン特化型の新ライン『K-1 DX』の第一回として、特別マッチ『芦澤竜誠を殴りたいやつ、大募集』のライブ配信も決定している。

 K-1運営元のM-1スポーツメディアは「当社は、新しい事にチャレンジし続ける日本を代表するベンチャー発大企業でもあるサイバーエージェントからの出資を通じ、『ABEMA』でのK-1コンテンツのさらなる拡充・DX化の強化など、これからの時代に合ったコンテンツ創りに取り組む所存です。
 我々は日本発の立ち技格闘技K-1を競技として確立させ、格闘技の枠を超えたメジャースポーツに成長・発展させることで“100年続くK-1”を目指していきます」とコメントしている。

●編集部オススメ

・芦澤竜誠vsアンチの特別マッチに、元プロボクサーやホストらが立候補し乱闘に

・芦澤竜誠、アンチとの特別マッチ決定!応募フォームには「どこが嫌いかご記入ください」

・企画に富んだエキシなどオンライン配信の新サービス「K-1 DX」が発足

・グラドルの久松郁実、自宅でできる「K-1式エクササイズ」抜擢でパンチ連打

・芦澤竜誠が暴走発言「RISEは天心だけ。K-1が1番」武尊や皇治にも敵意むき出し

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」、「」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧