TOP > ニュース 一覧

マクレガーがポイエーと再戦チャリティーマッチを行うと発表、UFC側もカード獲得を交渉

2020/10/01(木)UP

マクレガー(左/ (c)Zuffa, LLC)とポイエー(右/ (c)GettyImages)が2度目の対決

 10月1日(日本時間)、元UFC二階級同時王者コナー・マクレガー(32=アイルランド)がSNSで、元UFC世界ライト級暫定王者ダスティン・ポイエー(31=アメリカ)とチャリティーマッチを行うと発表した。

 試合は12月12日(土・現地時間)アイルランド・ダブリンで行われ、無料放送される予定だという。

 マクレガーが、ボクシング6階級制覇王者マニー・パッキャオとの来年の前向きな対戦交渉の発表に続き、またもビッグマッチの発表だ。
 マクレガーとポイエーは14年にUFCで対戦(フェザー級)し、マクレガーが左フックからのパウンドで1R TKO勝ちしている。

 その後、マクレガーが15年にUFC世界フェザー級王座を獲得、16年にはライト級王座も戴冠した。
 ポイエーはマクレガーに敗れた後、ライト級に転向。昨年4月にマックス・ホロウェイとのライト級暫定王座決定戦を制したが、9月に正規王者ハビブ・ヌルマゴメドフに一本負けし王座統一に失敗した。

マクレガーが投稿したポイエーとのチャリティマッチのポスター @TheNotoriousMMA

 今年9月29日に、マクレガーはポイエーにSNS上でチャリティーマッチを呼びかけた。SNSでマクレガーはポイエーに「ヘイ、ブラザー。MMAチャリティーファイトをしないかい?UFCとは関係ない。チャリティーのために50万ドル寄付するんだ。厳密にはチャリティー”エキシビション”だけどね」と誘い、さらに「計量は無し。オープンウエイトのMMAルールだ。俺や俺の親しい慈善団体が協力する」と説明する。

 ポイエーも「参加するよ、ぜひやろう!多くの人々が財団から恩恵を受けられるからね」と乗り気の返事を返した。

 しかしUFC代表のダナ・ホワイトは、9月30日メディアに「我々はダスティンとコナーに戦いを提供した、二人からの返事を待っているところだ」とオファーしたと発表。

 翌日の10月1日、マクレガーがポイエーとのチャリティーマッチのポスターをSNSに投稿したという流れになっている。

 なおポイエーは、ホワイトの申し出直後に「I Accept(了承した)」と投稿している。しかしマクレガーが発表のポスターを投稿した後にも、アイルランド語で「乾杯!」ともつぶやいている。果たして二人が戦う舞台はどちらになるのか。

 またホワイトはマクレガーのパッキャオとの対戦にも否定的なコメントをしている。
 マクレガーは、UFCへの不満を理由に、今年6月に引退を発表していた。

●編集部オススメ

・「パッキャオvsマクレガー」がボクシングで来年対戦へ、マクレガーが練習映像を公開

・今度はパッキャオがマクレガーを挑発

・54歳でリング復帰する“鉄人”マイク・タイソン「人類はエイリアンの子孫だ」

・【ボクシング】タイソンvsジョーンズ戦が11.28に延期、理由は視聴率

・44歳デ・ラ・ホーヤが「マクレガーを2RでKO」宣言、復帰に向けて特訓も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧