TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】京口紘人が防衛戦に絶好調宣言、試合まで1ヶ月の減量もYouTube配信へ

2020/10/05(月)UP

9月8日、京口とタノムサックの一戦が決定した会見の様子。写真:植田洋介

 約1ヶ月後に世界戦を控えたWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26=ワタナベ)が、自身のYouTubeチャンネルで4日、近況を報告した。

 11月3日(火)に自身と同じ14勝無敗で同級11位のタノムサック・シムシー(20=タイ)を迎えて3度目の防衛戦を行う京口は、世界初挑戦となる対戦相手の印象を、14勝(12KO)無敗の強豪と高く評価しながらも「相手は初の世界挑戦、キャリアの差を見せたい」と完勝宣言した。
 自身の調子については「現時点(動画撮影は9月30日)でスパーリングを50ラウンドを越えて、調子は上がっている。体重も残り5kg前後で体重調整もうまくできている。今回もベストの状態でリングに上がれる」と、試合に向けて万全の準備ができていることをアピールした。

元ルンピニー王者・ナコーンに得意の左レバーブローを叩き込む京口=19年6月

 昨今、RIZINの朝倉兄弟や那須川天心、K-1の武尊や安保瑠輝也など、YouTube活動が一般での人気も集めているプロ格闘家が増えているが、京口のその一人(登録者数は現在13万人)。中でもコラボ企画が人気で、過去、RIZINの榊原代表、浅倉カンナ、朝倉未来、ボクシングレジェンドの渡嘉敷勝男、竹原慎二、畑山隆則らと共演している。

 しかし、試合まであと1ヶ月「(YouTubeの)コラボ企画は自粛し、試合に集中する」と話し、その代わりに試合前の練習風景やスパーリング、減量と戦っている様子など、世界戦に向けて奮闘している自身の姿を発信していきたいとした。

 京口は最後に「YouTubeの世界戦は初の試みとなります。皆さんの応援が僕の力になる。応援よろしくお願いします」と笑顔で挨拶した。

 試合の模様は京口のYouTubeチャンネルで生配信される。

▼試合1ヶ月前に迫り、近況を語った京口

●編集部オススメ

・京口紘人が無敗で高KO率のタイ人相手に世界V3戦、自身のYouTubeで生中継

・朝倉未来がWBA世界王者・京口紘人とボクシングスパー「速い、マジで、さすが世界王者」(動画あり)

・那須川天心、次の目標はボクシング世界王者、狙える階級には井上尚弥から悪童ネリ、ロマチェンコまで強豪多数

・【ボクシング】井上尚弥、ロマチェンコ、マイク・タイソンの試合をWOWOWが生中継

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧