TOP > ニュース 一覧

【クインテット】所チームにヤノタク加入、宇野チーム全メンバー決定、小見川チームには柔術強豪が加わる

2020/10/05(月)UP

所チームに矢野卓見(左)が加わり、ZST4兄弟+中村大介(右から2番目)の布陣となった

 10月27日(火)東京・後楽園ホールで開催されるプログラップリング(組み技)イベント『QUINTET FIGHT NIGHT5 in TOKYO』の新たな参戦者が発表された。

 試合は5人1チームで競う団体戦での1dayトーナメントで、4連覇を狙う「TEAM CARPE DIEM」をはじめ、所英男率いる「TOKORO PLUS α 2nd」、宇野薫率いる「TEAM ONEHUNDRED」、小見川道大率いる「TEAM WOLF」の4チームが出場する。

 所英男のチームには、既に足関十段の今成正和、小谷直之、元DEEPライト級王者・中村大介の参戦が発表されていたが、今回新たに“ヤノタク”こと矢野卓見(骨法烏合會矢野卓見道場)が発表された。
 また、チーム名が「TEAM TOKOROPLUS α(仮)」とされていたが、今回ZST4兄弟と中村大介の布陣が決定し「TOKORO PLUS α 2nd」に変更となった。

共にグラップリングの練習に励むメンバーが集結した宇野チーム

 宇野薫チーム「TEAM ONEHUNDRED」は、“日本最強の寝技師”との呼び声も高い八隅孝平(ロータス世田谷)をはじめ樋口翔己(パラエストラ吉祥寺)、寒河江寿泰(今成柔術/トイカツ道場)、伊藤健一(alliance)の参戦が決定。優勝を狙う宇野のもとに、NO-GIグラップリングを一緒に練習しているというメンバーが揃った。

 小見川チーム「TEAM WOLF」には参戦発表されていた伊藤盛一郎に加え、新たに柔術黒帯の強豪・森戸新士(藤田柔術)、東京・UFCジムで柔術の指導も行うグラント・ボグダノフ(KUSSANO TEAM)が発表され、残るメンバーは1人となった。

所英男チーム「TOKORO PLUS α 2nd」参戦・矢野卓見のコメント
「今回所さんからオファー貰った時点で、年齢と体重体調を考えると流石に無理だと断りました。それでもギリギリまで待ちますんでコンディションを整えて下さいとの事で時間を貰いました。正直、年齢に関しては同学年の桜庭さんがまだ現役なので強くも言えなく迷惑してます(笑)体重落として体調も安定して来たんで参加させて頂く事にしました、宜しくお願いします。(TOKORO PLUS α 2ndについては)今回はZST4兄弟+1の+1担当の伊藤盛一郎くんが中村大介さんと交代したんで役割分担が若干変わると思いますが、前回以上の結果が出る様に頑張りたいと思います」

小見川チーム、残るメンバー1名は誰になるのか

小見川道大のコメント
「新たな加入選手として、絶大なる信頼をおく勝村周一朗氏の推薦選手、森戸新士選手が
決定しました。森戸選手はJBJJF2019年黒帯アダルトランキング1位で、ブラジリアン柔術界でも大活躍中の極めに飢えた狼です。そしてもう一人が、自らTEAM WOLFのメンバーとして一緒に戦いたいと直訴してきた、グラント・ボグダノフ選手です。グラント選手は通常体重80kgにも満たない身体で『GTF4』の-90kg級トーナメントに出場し、決勝戦でイゴール・タナベ選手に敗れるも準優勝という結果を残した実力者です。これでTEAM WOLFに4人の飢えた狼が揃いました」

宇野薫のコメント
「NO-GIグラップリングを一緒に練習している中から、メンバーに選びました。どのチームと対戦しても、チームのみんなと力を合わせて優勝を目指します。応援よろしくお願いします」

☆参戦選手データ
『CARPE DIEM』
世羅智茂(17年 IBJJF アジア選手権黒帯フェザー級準優勝)
橋本知之(18年 Championship黒帯ルースター級3位)
岩崎正寛(17年 IBJJFヨーロッパ選手権黒帯ライト級3位)
竹浦正起(18年 JBJJF全日本ブラジリアン選手権 紫帯ライト級2位)
白木大輔(08年アジア柔術選手権 黒帯レーヴィ級 優勝)

『TOKORO PLUS α 2nd』
所 英男(リバーサルジム武蔵小杉所プラス/DREAMバンタム級日本トーナメント優勝)
今成正和(今成柔術/初代DEEPバンタム級&フェザー級王者)
小谷直之(ロデオスタイル/初代ZSTライト級王者)
中村大介(夕月堂本舗/第7代DEEPライト級王者)
矢野卓見(骨法烏合會矢野卓見道場)

『TEAM ONEHUNDRED』
宇野 薫(UNO DOJO/第4代修斗世界ウェルター級王者)
八隅孝平(ロータス世田谷/ADCCアジア予選-66kg級 優勝)
樋口翔己(パラエストラ吉祥寺/全日本ノーギ選手権エキスパートライト級優勝)
伊藤健一(alliance/2018 NAGA WORLDGRAPPLING CHAMPIONSHIP優勝)
寒河江寿泰(今成柔術/トイカツ道場/GTF.3 準優勝)

『TEAM WOLF』
小見川道大(NEO JUDO ACADEMEY/元柔道日本代表)
伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム/第3代ZST王者)
森戸新士(藤田柔術/IBJJFアジア選手権黒帯ライト級2位(2018)、2019年JBJJFランキング1位(黒帯)
グラント・ボグダノフ(KUSSANO TEAM/ GTF.4 90キロ以下トーナメント
準優勝、全日本ノーギ選手権アダルトエキスパートミドル級優勝)

●編集部オススメ

・所チームに”腕十字職人”中村大介、小見川チームに伊藤盛一郎が加入=10.27

・所英男、宇野薫、小見川道大が率いる各チーム参戦決定「勝負でも面白さでも優勝したいです!」(所)

・前回のクインテット日本大会=最強柔術軍団『CARPE DIEM』が3度目の優勝、チーム桜庭に圧勝

・【フィットネス】所英男がお茶目にマッスルポーズ、桜庭和志「所くん筋肉コンテスト出ます」

・【DDT】宇野薫の路上プロレスデビュー戦に電流爆破の洗礼、大仁田勝利し引退危機を脱す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧